MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田がこれだけ批判されてるが、では京田以外で誰がショートを担えるかというと、直倫も溝脇もずっと芽が出なかった選手で、その酷評されてる京田よりも打てないのがこの二人だからね。

そもそもがショートのレギュラーは消去法なんだと思う。京田がこれだけ批判されてるが、では京田以外で誰がショートを担えるかというと、直倫も溝脇もずっと芽が出なかった選手で、その酷評されてる京田よりも打てないのがこの二人だからね。では、この二人が京田よりも守備が上手いかと言われたらそうでもないので結局京田が使われる。
好不調の関係で、一時的に直倫や溝脇の方が打てることはあるかもしれないが、シーズンを通して見れば中日に京田を超えるショートはいないのが現状。
いろいろコメントを見ると.250の打率で不満を持つ人が多いんだけど、そもそも12球団のショートで.250以上打てる選手がどれだけいるか?っていう話。

どうも中日ファンは井端や荒木と知らないうちに比較してるのか要求レベルが高いんだけど、あのクラスのショートはなかなかお目にかかれないレベルだと認識すべきだと思う。

確かに守備は坂本に匹敵するくらいのレベルではある。ただ打てないからなかなか評価してもらえずタイトル取れない。けど今年はそこまでの安定感はない。多分打撃で悩みすぎて守備にも影響してる。肩に自信あるが故に守備範囲広げすぎてスローイングが安定してない。ビシエドのキャッチングに助けられてる。せっかく難しい球とってもスローイングが良くないから凄く観えない。なら守備範囲拡げるより前で捌いてビシエドのミットにバシッと入った方がカッコよく見えるし。守備うまいのにもったいない。打撃はフォーム変えすぎじゃないかな⁈あんだけ構ったら余計にうまくいかないような⁈変えるのはフォームじゃなく考え方だったり、何番にいようがその打順でやるべき事の整理じゃないかな?凡打の仕方が悪い。足元の変化球擦りもせず空振りするイメージしかない。もっと打てると思うからファンから観てても歯痒いんじゃないかな?!

比較するのもおこがましいが鈴木誠也にあって京田に無いのはズバリ「選球眼」だ。それがあるからこそ四球も奪えるし打率も出塁率も上がる。特に終盤のプレッシャーの掛かるようなチャンスの場面で、それが無いから初球に手を出し、追い込まれてもマン振りするだけで三振、凡打となる。そりゃたまにはヒットも出るだろうけど、マグレ感が否めない。この前の第1打席タイムリーの試合にこそ、あと1本打っとかんから初のお立ち台・ヒロインの次の2試合続けてスタメン外される屈辱まで与えられる。代打も結構出されてたし。
京田にアンチだろうが擁護派だろうが、スタメン張るなら守備だけではアカンよ。投手陣の打率より低いんじゃ恥ずかしいでしょ。あと、繋ぐ野球が出来ない、分かってない。守備で内野の要になってるのに打線のどこに居ても一匹狼的な感じがある。
1シーズン通すと2割5分前後の帳尻は合わせてるみたいだけど、今でしょ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる