MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾が打って守れて実力でレギュラーを奪い取ればいい。

京田にとってもチームにとっても競争させる方がいい。
根尾が打って守れて実力でレギュラーを奪い取ればいい。
京田も負けたくなければ、もっと打てるようになってほしい。
野手で1割台の打率では話にならない。
ショートの守備が大変なのは分かるが他の球団を見てもこれだけ打率が低く小技もできないのにレギュラーを確約されている選手はいないのではないかと思う。

「振り回される」とあるが違うと思うな。
外野行って結果出してれば配置転換にはならない。岡林や鵜飼のように。
実力が伴わなかったのでは、根尾の。
昨日のバッティング練習の動画見たけどやっぱ調子が良いとは思えない。心配なバッティングをしてる、素人が見てもそう感じる。
野手転向して4年目、まだまだこれから。
がんばれ!

せっかくの素材だから、少しでも多く一軍の試合に出したいけど、監督としては力がある選手から使うのが当然で、現状根尾の出番がなくなってしまったわけで。

外野としては、平田の復帰、アリエルのコンバートで横に押しやられて、鵜飼と岡林に抜かされた結果をしっかり受け止めて欲しい。
京田相手というけど、まずは溝脇を抜かないとね。溝脇自身もずっとドラゴンズで苦労してきたし、今年こそ勝負の時。スーパースター候補が相手でも、簡単には譲れないよ。

感情的には、高橋くんも石川くんもそうだけど、やっぱりドラ1は期待してるので根尾くんには奮起してほしい。

出場機会を求めて外野手登録になりましたが
根尾くんには不運で
センターのヒットマン大島選手はさすがの安打製造機ですし
最近ちょっと疲れが見えてきたライト岡林選手ですが
開幕巨人戦の鮮烈な猛打賞スタートで
ファンの誰しもが大島選手の後釜ができたと思いましたし
そのチャンスメーカー2人と外野のもう1枠は
やはり1発を持ってるスラッガーを入れたくなりますから
根尾くんが入れる隙が無いですもんね。

その点京田選手は1割台の打率で
得意の守備もミスが出てるので
今の外野手争いよりはチャンスありそうな気がします。

しかし外野手登録でスタートして
(キャンプもほぼ外野の練習をしてきて)
開幕1ヶ月でショートを命じられる根尾くんも
振り回されてる感があって可愛そうな感じがしますが
どれもこれも自分の結果が全てなので
首脳陣もファンも納得の結果をバッティングで出して
ポジションを掴んで欲しいと思います。

岡林や鵜飼に疲れが出たらまた外野として呼ばれるかもしれない。結局そういう微妙な立場が今の根尾の評価。

ショートの守備は京田のようなレベルは無理だろうけど、上手くなくても、無難に守れるレベルまで持ってくることが大事。

結局ポジション取れるかは打撃なので、打撃が3割前後打てれば、使う側も考えると思う。

チャンスを与えられたなら死に物狂いで手にするしかない。
ひたすら直向きにショートに拘る。
駄目ならトレードに出してもらってよいくらいの背水の陣で。
そうでなければレギュラーは遠い。
ある意味では京田を良くするためにぶつけてきたとも言える。
立浪監督は京田の守備に信頼を置いているから二歩も三歩も前にいる。
これをひっくり返すのは並大抵の事ではないが、頑張ってほしい。
ファンはショート根尾が見たいのだよ。

立浪監督は対外的には京田を強く擁護してはいるものの、やはり京田に緊張感とかヤル気を感じないのは解ってるんだろうな。

でも根尾も頑張らないとな。守備は練習で上手くなるかもだが打撃がな。

相手は今は少し調子が悪いだけで、本来はセ・リーグいや日本球界を代表する屈指の大打者京田だからな。
京田はちょっと調子が悪いだけで本来の力を出したら凄いらしいからな。野球知ってる京田ファンが言ってた。ただここ最近5年くらい打撃の調子が悪いだけらしいよ。

あの京田に打撃で勝つのは厳しいじゃないかな………まあ根尾は京田に打率で勝たないと、打率2割目指して頑張れよ!

レフト候補のアリエル鵜飼阿部、サードの石川、セカンドコンバートの周平に
若手orコンバートで守備の不安があったので守備範囲が広いショートが必要不可欠だったんだけど、これまでの守備でそこまでの心配はいらなくなって聖域使用にする必要がなくなったってことだと思います。
直倫、土田含めてハイレベルなショートのレギュラー争いをしてほしいですね。

根尾と大島、岡林はタイプ的に似ているので、同時に起用することが難しくなります。出来ればアベレージヒッターセンター、ライトがクラッチヒッター、ロングヒッターが理想ですね。それを考えると根尾のショート再挑戦は賛成。守備的な京田に攻撃的な根尾みたいに選択肢が増えることは良いことだと思います。

ドライな言い方をすれば、今の中日は根尾1人にこだわる必要がないくらい有望な若手がひしめいている。入団当初の期待が大きかっただけに周囲もとにかく早く出せ出せと急かす空気があったが、石川や岡林が台頭したお陰で根尾の育成に時間をかける猶予が生まれた。このまま埋もれるか高校時代の輝きを取り戻すかは本人次第。気長に見守ればいいと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる