MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昴 登録は外野だとしても別に外野しか出れない訳じゃないしね

登録は外野だとしても別に外野しか出れない訳じゃないしね
ショートに再挑戦するとしてもよっぽど打てるようにならないと守備力ではやはり京田に及ばないから
立浪監督に守備力を取るか打撃力を取るか悩ませれるくらいになって上がってきてくれ!

143試合出場できる体を持っているのは京田しかいない、8番に置いているのだから打たなくても守備を頑張ってもらえれば、というようなことを記者に発信していたが、それは根尾をショートにコンバートすることに決めたことで、京田のプライドを潰すまいと立浪が配慮した発言だったのかもしれないな。

もしかしたら勇気いる決断なのかもしれんが
こういう柔軟な決断を出来るのはすごいと思う

根尾も監督の期待に応えられるように
2軍で頑張って欲しい
また1軍で見れるのを待ってる

よく言えば柔軟性、臨機応変。
この件を正直いえば全てが中途半端。
ライバルを作らず不動のレギュラーにしてるのは立浪自身。
溝脇だって要所で仕事してるじゃん。
所詮補欠、どれだけ結果残してもお前はベンチだって選手に言ってみたらいいのに。
出してもらって結果が出ないならダメだけど、代打ばかりでそんな簡単にはいかないでしょ。
岡林、アリエル、鵜飼に決めつけてるだけ。
3試合くらいスタメンで使ってあげてもよかったと思う。

昨秋、立浪が根尾に「外野手専任」を言ったとき、岡林は我慢しても使って行くとしても大島の衰えは懸念されルーキーの鵜飼や外野に回ったアリエルは未知数で平田はどこまで復帰するのか見えなかった。従って『根尾外野手』は当然、必要不可欠なピースと思われた。
ところが、大島はキャリアハイを更新する勢いで鵜飼・アリエル・平田も立浪の予想を上回る活躍で寧ろ根尾の出番がなくなった。
逆にショートはファームで期待の(土田)龍空が不振で伸びて来ず京田を脅かす存在にはなって来なかった。京田は相変わらずの打撃だがレギュラー安泰(溝輪・三ツ俣・ナオミチは眼中になし?)。ならばファンの要望も多く自らショート志望の根尾をショートでと云う事か。
これで昨日、ファーム行きを決めていた根尾を代走から岡林に代えたのも納得。

良い決断だと思います。京田に競争相手が不在だったことで、「打てなくても守りが出来れば使ってくれる」という気持ちが出てきていたと思います。そこに、根尾のショート再コンバート。ファームでひと皮もふた皮剥けて1軍に戻って来て欲しい。

素晴らしい判断だと思います。ファンも皆、今の外野でのポジション争いじゃ厳しいと思ってたと思うし一番手薄なのはショートだとも思ってたと思う。早く再登録されるのを楽しみ待ってます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる