MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾のショートへのコンバートは中日外野手の予想以上の競争の激しさ?

根尾のショートへのコンバートは中日外野手の予想以上の競争の激しさ?からなのか。根尾の起用方法が一貫性がないという人もいるかもしれないが個人的には賛成。
京田にいい刺激にもなるので根尾をショートで鍛えてほしい。
京田にライバルがいないのでということだが2軍で打ってる三ツ俣や堂上はどうなのか?守備では京田に及ばないかもしれないが打撃は三ツ俣や堂上の方が率を残しそうな気がする。まあシーズンが進めば併用したりするのかもしれない。

この決断は京田と根尾にとっても良いカンフル剤になると思います。
守備力はまだ京田の方が上かもしれませんが、打撃を磨けば根尾にチャンスがあると思います。
試合中も対照的で、京田は何か暗い。
それに対して根尾はベンチに居ても明るく声挙げしたりしてる。
そういうところも立浪は見てるんだろうと思います。
京田、根尾、お互い切磋琢磨して結果を出してほしいですね。

大島がキャリアハイの成績を残しそうな勢いだし岡林、鵜飼の次の序列かと思ったら平田まで予想以上に活躍してますからね。
シーズン序盤での立浪監督の決断はいい方向に向かっていくと思います。
2軍で4打席立つのもプラスになる。

1軍に帰ってくる日を楽しみに待ってます。

再コンバートの背景として、土田の調子が全く良くないのも大きいね。

土田も攻守は去年の高卒一年目の方が良かったくらい下でも打撃内容が調子上がらない。

土田が去年の経験活かして食い込んでくるかと思ったけど、二軍でもレギュラーになりきれない現状は厳しい。

京田と根尾が高いレベルの競争になれば
中日は間違いなくチーム力は上がる。
根尾はショートやりたいと言っていたわけだから
やらせればいいと思う。
もしかしたらそれが打力アップに繋がるかもしれない。
そうなったら京田がめちゃくちゃ危機感出てきて
京田も伸びてくる可能性が高い。

中日ファンとしてはそこに期待していいと思う。

現場に監督としてやって来て、改めて京田を見た結果、立浪監督の中でポジションを任せるには乏しいと判断したのだろう。現状競りかけるライバルがいないので、その役を根尾に託すって話でしょう。京田があぐらかいてるように見えてしまうような成績で尚ミスも多いので危機感を煽ると言う意味でも面白いと思います

いまいち調子の上がらない京田のケツを叩く意味でもライバルとして根尾が再びショートに挑戦するのは根尾にも京田にも他の選手にもいい影響をもたらすと思う。外野やれと言われて再び内野にコンバートと振り回されてる感がありますが期待の大きい選手。なんとか頑張ってほしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる