MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

入団して次代のショートとして育成したが、守備では京田には敵わず。監督が代わると外野をやれという。肩が強いから投手もやれという。

これはあかんやろ。
入団して次代のショートとして育成したが、守備では京田には敵わず。
監督が代わると外野をやれという。
肩が強いから投手もやれという。
京田にライバルがいないから、やっぱりショートをやれという。
何でも屋になってしまう。
でも、まあ打撃にあまり進歩が見られないので、何とか出場させてあげようと
考えているだろうが、さすがに代走や守備固めだけでは・・・・
ファームでショートの守備と打撃を磨いて、ファームを卒業して欲しい。

京田に代わってスタメン取るなら京田より打てないと話にならない。打力が京田と同程度ぐらいじゃスタメンは無理。打順にもよるがバントも含めた進塁打や盗塁や走塁、選球眼での出塁率と根尾には課題が多く要求される。例に上げたのは京田が苦手というかほぼできてない事、これらの課題を克服してれば自然とチャンスはくるはず。ただアンチ京田回避術に見えなくもない。ただ競争のないプロの世界なんてあってはならないと思うから賛成。

ここに来て、予想以上の活躍をしている石川選手と高橋投手。起用した監督にはうれしい誤算だが、そこで困ったのが根尾だ。良かれと命じた外野手専任。新人鵜飼の大活躍と岡林選手も活躍で、当初見込みの根尾起用は当面見送り状態。再度根尾のショート挑戦は消去法だが、可能性を考えれば打率1割台の京田でショートを固定するのは困り物。この朗報を活かして欲しい。

首脳陣も完全ではないという証拠だ、こうやって何人もの有力選手を潰してきたことも事実だ。やはり選手はそのときついた首脳陣によって生かされも殺されもする、選手自身が悪いという事もあるが、運というのは大きい。石川はそんなに成績は良くはない、しかし使われ続けられている、だから徐々に環境に対応できてくる。一方鵜飼は石川より期待度は高かったはずが、使われたりベンチだったりでそれが今の成績にもろに出ている。根尾は何も外野に拘る必要はない何故ならいつだったか救援のための投球練習までさせられた。であるならば阿部をショートでも可能なんだから根尾のセカンドもあり得た。何年も根尾に関して記事を読んでいるが、オモチャにされているように見える。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる