MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

ショートは内野の要。守らせるなら他との連携も含めてキャンプからやらないと。京田のバッティングには見ててイライラするけどショートの守りの観点からだと安易に変えることはできないと思う。

ショートは内野の要。守らせるなら他との連携も含めてキャンプからやらないと。京田のバッティングには見ててイライラするけどショートの守りの観点からだと安易に変えることはできないと思う。根尾に機会をと言うかけど、去年はそこそこもらってて今この位置。競争に負けてるということを認めたくないファンもいるけど、結局まだまだだ、ということかな。

昨日解説の谷繁が石川に対して狙った球を振っている様には見えない。投手に合わせてしまっていると言っていたが根尾もそんな感じですな。
ストレート一本に的を絞ってフルスイングで良いと思うんだけど、変に変化球に合わせて打たされている感じだと思う。
根尾の場合は甘い球のミスショットがあまりに多い気もする。

個人的な見立てですが、おそらく、立浪監督は根尾の内野手復帰を想定したうえで今シーズンの外野手専念を指示したと思います。

ドラゴンズは実は外野より内野の層に数年先の不安を抱えています。

根尾の高い身体能力が数年後に内野で定着できればかなり大きいです。

今季は意図的に打撃技術を向上させるために一軍で鎬を削らせているようにみえます。

将来の根尾内野手論は大賛成です。

投手陣がいいから、7番から9番はアウト前提でいいと思ってるんじゃない?
木下が打てる捕手というのも大きいと思います。おかげで守備だけの京田を出すことができる。
根尾のショート、確かに見たいですが、京田とのバランスだと3番打てるくらいの打力がないと総合力で負けませんかね?
あとは、石川との若手枠争いで負けたってことですか。同レベルでも大阪桐蔭だし仕方ないね。

立浪監督の判断は、投手力も含めたチームバランスと、集客効果まで考えたものだと思います。

サードが石川ってのもあるのかな?って。

だから遊撃手は守備は安定している人間を入れたいのだと思う。

けど、流石に打率1割台はレギュラーには相応しくないし、他の人をスタメンで使って抑えの守備職人として京田を使えば良いと思う。

一時期『抑えの捕手』とか話題になったし、まあ守備固めと言うんだが、京田にもそれで尻に火を着けないと、今年は兎も角、来年以降も同じ事の繰り返しの様な気がする。

少し変われば、流石に中村ノリコーチが言う様にトリプルスリーを達成出来るとは夢にも思ってないけども、今よりは打てる気がするんだよね。

立浪監督はその場の思いつきで物事を決めるような人ではないだろう。恐らく中長期的なビジョンを明確に描いた上で決定したのが「根尾外野転向」であり、朝令暮改することはまずあり得ない。

その視線の先はズバリ「ポスト京田は土田」なんだと思う。
ショートは守備力重視。京田は現状8番だしそもそも打撃に大きく期待はしていないのだろう。その点同じく守備力重視の捕手木下が打てるというのが大きい。
たぶん土田が出てくるまでショートは京田でいこうと腹を括っているんだろう。

根尾については強肩を活かして外野、そして打力を伸ばしてほしいという考え方に違いない。その方針もまだ動き出したばかり。外野は成り行きを見守れば良いと思う。


非表示・報告

以前の送球ミスや打撃だったら根尾君もあったかもしれないけど、昨日のような時折ヒットを撃ったり、これまで培った守備力を考えたら京田という考えなんだろうな。

だからこそ、この経験を糧に根尾君は独自のレベルUPを計らないといけないし、本人は広角に撃てる打者になりたいみたいだから、どんな投球でも対応でき、ヒットにする選手にならないと、今の並の評価のままではどの選手にも勝てない。

遊撃手として失格したと言う程出場機会を与えられた訳では無いので、再チャレンジと言う言葉は当てはまらないと思います。
与田元監督にしろ立浪監督にしても、遊撃手は守備に重きを置くと言う考えの様ですので取り付く島もありません。
それも可能性より現時点での力で決めてしまっているようですのでタチが悪い。
根尾選手は入団時に二刀流とも騒がれた選手だったと思いますが、本人の希望で遊撃手一本でと決めた様に記憶しています。
大谷選手や佐々木朗希選手の様に、入団時の約束を守るチームかそうでは無いチームかで、選手の運命は変わって来ますね。
選手は球団選びも慎重に行わなくてはなりませんね。

ショートの守備で京田を越えるのは困難だと思うけど、有事の際はショートや投手もこなせる根尾の存在は大きい。
外野も大島以外は流動的だから根尾にもチャンスはある。
真面目過ぎるや不器用だの頑固だの言われるけど、内外野に投手も出来て人気もある根尾は貴重な戦力だと思う。近い将来レギュラーになると信じている。

まず、立浪監督が自ら今年は外野一本でって通達したわけだから、今シーズン中にショートということはないと思う。
立浪監督は根尾に打撃を磨けという狙いがあって、その中でショートもとなると二兎を追う者は一兎をも得ずという意味があるわけで、今年ある程度打撃の向上が見られれば来年のショート再コンバートはあるだろう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる