MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

石川昂弥〝つかん打〟とは

Yahoo!ニュース
【中日】石川昂〝つかん打〟きっかけはノリさんの「とにかく振れ」試合に出続け結果で応える(中日スポーツ... ◇「期待の若手企画」ニュージェネレーションズ  中日の期待の若手が現在地を語る企画「ニュージェネレーションズ」。2022年の第2回は、4月5日のヤクルト戦(神宮)でプロ...

『こんな言い方をしてしまうと、おこがましいかもしれないですが、小中高と野球をやってきて、それなりに結果は出せていたし、苦労することもなかった。』 『もちろん今はポジションを与えてもらっている立場。練習して、もっとうまくならないといけない。』 石川については、これまで派手なイメージも大人しいイメージも無かったが こういう謙虚な姿勢や、悩みを素直に話している事。 そして、初ホームラン打った時の本当に嬉しそうな表情。 なんか人間的にも応援したくなる選手だね。 ビシエドとか他の選手にも可愛がられているし、 きっと今後の中日を支える選手になってくれると思う。

プロ入り前までは言われなくても打てた。

やっぱり天才なんだと思った。
いつも打てるから多少天狗になったこともあったろう。
しかし今、ドラゴンズの将来を託され、レギュラーの座を与えられたことに感謝し、重圧を感じもがきながら成長している。こんな心境で野球をやるのは初めてなんだろうな。
ファンは石川昂弥に夢を見ている。これから大きな大きな選手になってほしい。

良い記事。
記者の余計な誘導が入らず、石川が今抱える本音の吐露が聴けたのはファンに取っても貴重だと思う。
なんでバットを寝かせたのかな?とか少し気になってはいたし。
そして、ご飯も食べれない程に苦悩してたっていうのも正直、意外だった。
今が殻を打ち破る前の産みの苦しみだと思うし、毎日が成長の時。たくさん悩み、たくさん振って、たくさん食べて、大きく飛躍して欲しい。

ついつい、なんであの球降らない?あんなボールを振るかね?などとヤキモキするのがファン心理なのでしょうが、色んな背景と心理状態があって、もちろん本人が最大限結果を出そうとしての打席でのスイング。当たり前のことを再認識させてくれる記事ですね。こういう意識で日々頑張っている石川選手をもっと我慢強く見守ってあげるべきと思ったし、他の不振ながらも試合に出ている選手たちにも短絡的に非難してはいけないと感じました。
真っ当に自分と向き合って日々もがいている石川選手に結果が繋がってくれることを願っています。「とにかく振れ」からホームランバッターのきっかけを掴んでくれますように!

石川の内面が知れて良かったです。
サードの守備も思ったより悪くないし、すでに良い場面のホームラン2本と決勝タイムリーもあって充分戦力になってくれてると思う。
ここ最近は器用なヒットも多いからさらに成長して長打が多くなったら頼もしい限り!

山崎武司の先日の解説の通りで
まだ自分のカウントから狙った打力が出てないと思うけど
確実に成長しているのは間違いなく、
石川の大物感を感じるところは
勝負所でホームランやヒットを打っているから。

クリンアップの仕事は勝負所でいかに打つかだからな。
得点圏打率以上にそこが真の勝負師。
石川にはそれを感じるのでやはり使い続けていけば
必ず一流の中心強打者になるだろう。

立浪監督も是が非でもサードの中心強打者を育てて
いくんだという思いが我々ファンにも伝わる。

本人がこう思っているなら、少しは安心。
ただ、この記事からも判るように、優しいというか、気が弱いというか。
もっと、貪欲になってもいいと思う。
ファンが求めてるのはホームラン。
状況によっては、ホームランだけを狙って打席に入って欲しい。
右にも打てるし、難しい球にも対応出来るのは判ったけど、それは先でもいい。

素晴らしい記事ですね

石川の苦難に対する葛藤が伺える
やっぱりプレッシャーはハンパないものが
あるんだな、と再認識しました

周平が怪我したとはいえ、去年まで一軍の
実績がない選手をいきなりスタメン固定
さらに周囲からは昂弥は別格だ!…とか大きな
期待が浴びせられてくる!

ハタチそこそこの若者がこんなに悩んでいたとは
全然、今はゆっくりで良いんです

あてる打撃という点は自覚があるようなので
追い込まれるまでは強く振る意識をもって、
いつの日かドームに大きな放物線を描く姿を
我々中日ファンは心待ちにしていますよ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる