MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

落合ヘッド兼投手コーチ の評価がうなぎのぼり

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

個人的にはロドリゲスのセットアッパーポジション起用も大きいと思う。去年から投げ方が改善されたのか、中継ぎ向きかわからないが配置転換が奏功した感じ。 元々、威力のあるボールを投げるし、変化球も多彩。祖父江が復帰しても役割を任せてほしいと思う。 チーム全体的にはAクラスの望みがある。鬼門の神宮で勝ち越したり、成果が出ている。 首脳陣が機能するとチームが変わる見本みたいなもの。補強、実質ゼロでこの希望的滑り出しは上々。頑張ってほしい。

与田前監督の下で現投手陣が育てられた…と言う声が出ているが、与田氏の評価は監督としてどういう貢献をしたか、という点が重要。あれだけ打線、投手の固定的起用を続けファンに不満に陥れ、結局ペナント争いでは悲惨な結果しか残せなかった。要は失格監督であった。その現有戦力の活性化を図る立浪/落合コンビは良い仕事をしている。選手達もやる気を出せるし、レギュラー陣も不調になると控えに回る覚悟を持って頑張る体制に繋がる。謂わば当たり前と言えば当たり前のチーム運営になったと言えるが、それを実現する立浪効果は大きいと思う。

ローテーション3人を柱に後は競争だ。そう言い切る事が出来れば選手も頑張るのは間違いない。
頑張り次第でチャンスが手に入るのだから。
投手は少しずつ整備されててきた。
野手も若手の刺激で良くなっている。
Bクラス脱出に向かってチームが出来上がってきた。
万年Bクラスだったチームがいきなり優勝はできないと思うけれど高すぎる目標よりも頑張れば手の届く所にある方が現実味もあるしやりがいもあるのではないか。
久しぶりにドームで野球を観たいと思うドラゴンズ。
地元民として嬉しい。

与田監督時代の3年間で、大野を復活させてエースに据える、柳と小笠原を次期エースとして独り立ちさせる、福谷を先発に回してローテーション投手にする、オリックスでくすぶってた松葉をトレード獲得してローテーション投手に仕立てる、勝野や岡野を即戦力で獲得する等等、エース吉見以降はがたがたになってた先発陣の建て直し策を講じていたからこそ今年の作戦ができるわけで。
落合コーチの役割は与田から引き継いだ美味しい時期を使って勝ちながら、高橋宏を初めとした高卒組を将来の軸に育てる長期戦略を練ることでしょ。

このやり方は賛成だし一ヶ月だけじゃなくてずっとそうしてほしいくらい。ただ何かというと前政権批判のようになるのは疑問。吉見も山井も残っていても一軍戦力としては厳しかったと思うし、本人じゃないのに軽々しく名前を出してほしく無い。それに投手陣は既に良く整備されていたのは間違いないし、阿波野コーチ続投でも個人的には全く不満はなかった。
ただやっぱり落合はストライクテストなどで競争させて結果で選手を納得させて起用するなどアイデアも素晴らしく、清水とロドリゲスの配転はハマっているし、既に球界でも有数の名コーチなのは間違いない。

与田監督時代、采配や野手起用は好きではなかったが、阿波野コーチの力もあってか投手育成ではかなり結果を残した。
落合ヘッドは、それを踏まえて上手いこと考えてるなと思う。
立浪監督が信頼する理由もわかる。
この前は、京田特有の本当に当落線になると活躍する現象も起きて大勝だった。
このコロナ休みで更に調子を上げてくれたら打線に重みが出る。
もし、また、三振か併殺が続いたら落合ヘッド形式で野手も入れ替えして欲しい。

層の厚さがあるから出来る事だよね。
ここまで投手陣を充実させたのは与田前監督やコーチ陣の賜物で功績は大きくそれをうまく使う落合コーチの手腕で計算できるので投手陣は安泰でしょう。
問題は打撃陣だけどこちらは昨年とはちがう雰囲気になってきている。
今年は厳しいかも知られないけど来季以降は優勝に絡めるチームになってくると思う。

結果を残した人にチャンスを与えるのは選手のモチベーションに関わる大事なことだな。
しかし投手陣に関しては与田首脳陣のおかげである。
あの悲惨な投手陣から大野を大変身させたのが始まりで柳、小笠原を覚醒させて中継ぎ抑えの質、量を揃えたからね。
そして谷繁以来の捕手を一本立ちさせた。
立浪首脳陣はそれを引き継いでさらに若手の中心選手をどんどん作っていくだろう。
あとは若手が順調に伸びてくればAクラスで優勝争いできるチームになってくると思う。

吉見・山井はともかく、こういう勝ちにこだわりつつも競わせるローテってのは凄くいいと思う。ほんとこういうローテしないの?って常々思ってた。特に松葉なんかそう
去年結果論でいえばバンテリン以外でも勝ってはいるけど一昨年みればバンテリンでは圧倒的強く、それ以外では弱い。

なら去年は松葉はバンテリン専用ローテにすれば…って思ってた。けどしなかった
勝ちにこだわらなかったのか、与田さんがローテの固定に拘ってたのかは分からないけど
相性あるわけだし、それを優先して投げれば勝ちに拘りつつ選手も数字っていう結果も残せつつ&年俸に反映と結構いいと思うんだけどね
実際どっちのやり方がいいかは分からないけど、今年のやり方を見て数字がどう変わるかは興味がある

春先というか、好調な投手が多ければ大野・柳・小笠原も含めて中8日、9日で回してもいいくらい。それで9月に優勝争いの位置にいるなら、そこから絞って中6日ローテで回せば、シーズン終盤でへばることなくスパートをかけられる。もちろんそんな好調が3か月も続くわけはないから6人に絞られるだろうけど、それでも序盤に無理をさせずローテを回すことが可能なら、十分勝機はある。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる