MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

鈴木誠也 開幕投手務めた同僚エース右腕が称賛

Yahoo!ニュース
鈴木誠也の強心臓デビューに「超感動した」 開幕投手務めた同僚エース右腕が称賛(THE ANSWER) - Yahoo!...  米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手が7日(日本時間8日)、本拠地で行われたブルワーズとの開幕戦に「6番・右翼」でスタメン出場。メジャー初安打を含む2打数1安打1得点...

性格も含めて対応力の高さは日本人野手のトップクラスだからね。カブスは去年主力を大放出してしばらくは下位低迷とも思われるが、鈴木、ストローマン、マイリー、シモンズ等渋めの補強がはまって去年のサンフランシスコジャイアンツのようなサプライズもあり得る。鈴木の活躍やシモンズのスーパープレイも見たいのでテレビ局の皆様、LAAだけじゃなく放送よろしくです。

あちらの監督、選手は、徹底的に選手を褒めるね。たとえ、ライバルチームでも。互いに称え合うのがスポーツ。
 それに比べ、監督が試合後に選手に苦言を呈するのが日本のプロ野球。本当にそれで「プロ」?
 ミスったことを一番悔いているのは選手本人。かばうのが監督では?次に良いプレーが出るのはどちら?

初ヒットおめでとうだけじゃなく
2四球で選球眼を見せつけて
3打席3出塁は見事
出塁が得点につながったし
最高のスタートになりましたね。

現地放送局との兼ね合いか? は判らないが、Pの大谷、ダルビッシュは放送ありで、デビュー戦の誠也は無しって、全く理解出来ない。毎日出場するのは大谷だけではないので、偏らず放送してほしい!

あのスタンディングオベーションを見た時、舞い上がってもおかしくない状況で
冷静に四球を選べるのは並じゃない強心臓だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる