MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昴の出番がない問題はどう考える

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。


シーズン始まったばかりなので、確かに今のスタメンが怪我無くある程度の成績を残していけば、なかなか根尾の出番は回ってこないかもしれない。 ただ、長いシーズン調子を落としたり、場合によっては怪我をしたりと、予想しないことが起こった時に、根尾にもとってかわるチャンスはいくらでもあると思う。 また、代打であっても使っているのは、監督としても結果を出してほしい気持ちはあるはずで、立浪としては思うところもあったと思うが、野球人生後半、代打の切り札として活躍していた経験があるので、根尾には今の代打での経験も今後に活かしてほしいと思っているのではないだろうか。

現状では代打の切り札でもなく、どちらかといえば守備固め中心。肩の強さが強みなので。今のままだと、せいぜい英智2世がゴール。それを本人もファンも望んでいるだろうか?

少なくとも監督は、これまでのブルペン等での投球はプロでも通用するとの見立てであり、本人も時々投球練習をしている節がある。吉見氏も中日投手陣の中でもやっていける球質と言っていた。

最終的には投手転向かもしれない。落合元監督もセットアッパーならすぐ使えると言っていた(野手ならセンターとも言っていたが。)。

「投手をやってダメなら球界にいられない」という意見もあるが、既に野手としてはあまり先がないようにも見える。よほど外野の守備力が劣っている球団へのトレードが実現すれば別だが。ならば、二刀流でも良いので投手へのチャレンジはありではないか?

球団も親会社も、どこかで活躍できる場がないか探しているのがよくわかる。

若い打者をたくさん起用して、このように結果でると、中日も今後楽しみですね。

根尾選手は他の若手も結果出てるので、今のところはしょうがないでしょうが、この先両翼の若手がずっと好調を維持するのは難しいでしょうから、根尾選手も出場機会はあるでしょう。

投手経験はあるとしてもブランクあるし、最低限の投球練習をしないと、配線処理や点数開いてる試合でも投げれないと思いますが、そこに時間を費やすかもありますね。

それはないと思う。
一野球ファンとして見たいとは思うけど、根尾自身にとってプラスな事ではないと思うし、もし投手として全く通用しなかったら…
と考えればないな。
ただ、今のままではいけないのは確か。
入団してからあまり体も大きくなってないし、今はシーズン中だから無理だけど、オフには増量等の肉体改造を試してみるとか、技術だけではない部分も変えてみないと。
真面目だし、練習も誰よりも時間を作ってやっているみたいだし、報われてほしい。
石川、岡林が飛躍の年になりそうだけど、根尾が一番スター性を持っているんだから。

楽しみ?

根尾程度では投手をやるとしても精々1イニング限定の敗戦処理。

プロの一軍の投手としては球速もコントロールも2流以下。
高校時代だって、根尾はエースではなく、ドラフト5位で入って、いまだに一軍登板のない柿木より下だった。
ナックルボーラーにでもなるか?

投手としての準備もするとしたら、野手としての練習量や試合への出場機会は減るから、ますます野手としての実力は上らなくなるし、肩や肘を壊したら外野手としても終わり。

将来の「ミスタードラゴンズ」として嘱望されて入ってきたのに「なんちゃって二刀流」の客寄せとは哀れ。

肩・守備はそこそこいいから、外野守備を徹底的に磨いて、まずは英智のようなスーパーサブを目指すべきだろうな。

監督は、現段階でスタメン起用の若手は、
どれだけ打てなくても外さず、ポジションも決めて、数年後はレギュラーにする育成プランを持って進めています。

目をかけた若手たちは当然優秀ですし、残念ながら、その若手達の中に入っていません。

控え選手のまま、現スタメン選手より成績を
上げることは不可能であり、監督は就任した
ばかりですから、この状況はあと5年~10年間と長期的に続く可能性があります。
この場で努力して待ってみてもレギュラーに成れない可能性は大きいです。

また中途半端に投手として見せ物的にやっても、野手として一流にはなれません。

将来を考えてたら、内野手に戻るためにも、自分の理想の野球選手を追い求めるためにも、
今シーズンが終了した時、今の球団とは
契約の更新はしないで、中日を去り、必要とされる新たな場所を探す方が良いでしょう。

投手の根尾など考えたくない。本人も求めていないのでは?大島はそう長くはない。岡林だって、その内、バテて調子を崩すこともあるだろう。レフトも現在は流動的。その内、チャンスが巡って来ると思う。そのチャンスを絶対に生かさないといけない。因みに守備では岡林や鵜飼に全然、負けてない。大島の肩はかなりガタが来ている。まだまだ、チャンスはある。根尾の出場が見たいです。

大阪桐蔭時代から随分見てきたが、ひと言で言えば「器用貧乏」なんだと思う。どのポジションでも、それなりのレベルでこなせる高い野球センスはあるが、突き抜けるほど傑出したものが無いということなのだろう。例えば二年生の頃、ショートを守ることもあったが、一年上の泉口君の安定感には一歩及ばなかった。うまいけどあと一歩。これが根尾君の特徴でした。ただ勉強も良く出来るし、恐らく、レオナルド・ダ・ヴィンチの時代なら、マルチな才能を持つ天才として大活躍したのだろうと思います。
高度に専門性が高まった現代社会では大谷のような例外があるとは言え、やはり特定のポジションに専門特化する、そういう見極めの頃かも知れない。根尾君の体格も考えれば、プロでの二刀流は難しいような気がする。

いかんせんバッティングがね。形にならなくて…。肩が強くても、足が速くても…。ショート守れれば、まぁバッティングは、京田も良くはないんで競えるんだけど、既に守備で烙印押されてしまってますからね。
年齢的には、大学四年生と同じ。まだ路線変更できる。もしかして投手としての資質があるのかも…しれない。
このまま野手で開花することがあるのか。
見極めが難しいです。
どんな形であれ、活躍して欲しい!

まぁ、右中左二遊が守れるので、焦らなくても出番は回ってくるよ。
年齢的に、大島、福留、平田は直ぐにでも働けなくなる可能性がある。
その際、肩が強い外野手としては岡林のみとなる。
逆に、二と遊は若手の激戦区なのでお勧めしない。
今は終盤のスーパーサブで辛抱強く結果を出して、チャンスがあれば敗戦処理でリリーフとかやればいいと思う(盛り上がるし)
彼は固定では使いにくいけど、器用でかなり便利な人だし、このような人は強いチームには必ず居ます(広島のキムタクとかね)。
胸張ってプレーして欲しいな。

大谷という前例がいなかったとしても二刀流に挑戦するだろうか
これを考えれば大概は答えが出る

大谷は、二刀流での成功例がない中で二刀流もあり得ると判断できた選手
イチローもそう

メジャーでイチローが様々な偉業を成し遂げたから”じゃあ次も”と考えるのは浅はかだった

スポーツ記者なら、根尾がどんな理由で二刀流ができるのかと語って欲しい
大谷は前例を覆すだけの根拠があった
根尾もそうなのか、はたまた転向が向いてるのか、今のままが向いてるのか

個人的にはイチローみたいな選手を目指して欲しい

4打数でノーヒットも2四球なら十分。
今までは四球さえ取れなかったんだからじっくり見ている証。

そもそも昨日はベテランの石川雅を考えれば打線爆発はあまり参考にならないのではないか。

もちろん根尾が二刀流に前向きなら取り組ませるのもアリだと思うが、大谷のような体の強さも身に付けなければならないし、1年間フルに出ていない根尾にはかなりの負担。

調整が投手一辺倒になれば本末転倒。
話題性はあるが、育成という面においてはそれこそ失敗と言わざるを得ない。

岡林はシーズン中盤以降の疲れや怪我以外で離脱することは考えにくい。
守備と勝負強さ、経験のある平田や、一発の期待が大きい鵜飼より打つか、大島の引退を待つしか無くなってしまう。
打席に立てないのなら、いっそ二軍で首位打者とるレベルで打ちまくって守備も強化できた方がいいかな。。
誰が見ても好調を維持していれば、誰かが不調の時や、鵜飼よりも打てると証明できればレフトに入れる。
平田が代打の切り札でいるのはすごく心強いし。

打撃に集中する為に外野一本にしぼったのに、投手起用も模索し出したら打撃がより疎かになるから、考えにくいなぁ。

投手としての能力は高いと言って二刀流が騒がられる根尾だけど
プロに入りブルペンでは投げていても、実際にファームを含め
実戦で一度も投げてはいないよね

実際にコントロールは良く球速も出ているけど、それだけでは
通用しないのがプロの世界

本当に二刀流をするのなら、二軍で練習&実践、そして結果を出す
必要があると思う

その上で良ければ一軍だと思うけど
先発での起用なのかな?
それともリリーフ?
リリーフなら当面は敗戦処理投手での起用?
(敗戦処理でのマウンドは見たくないかな…)

決めていく事はいっぱいある

試したとしても1軍のマウンドに上がるまでは時間がかかると思う
それが本当に現実味のある事なのかな?

それを他球団とは言え、スコアラーが(本気で)言うの?

物凄く疑問です

根尾の大阪桐蔭時代の打撃は金属バットの申し子のようだった。速球に差し込まれても打ち返していた。守備は遊撃と外野を守っていたけれど特別の選手ではなかったと思う。しかし打撃・守備の実力は投手と比較して低いと思った。PL学園時代の桑田に匹敵する実力だっだと思う。
今の根尾の打撃力は期待薄だと思う。だからこそ今は二等流にチャレンジすべきだと思う。

思ってたより、他の選手が活躍しているから出番がないだけ。
守備ならチームでトップクラスだし、もし使ってたら石川や鵜飼ほどの打撃に劣ってはいなかったと思う。

つまり、ドラゴンズは選手層が厚くなったっていう事かと。
長いシーズン、必ず出番は来るので安易に二刀流とかいう発想は必要ないのかと思う。

二刀流するならシーズン前から入念な準備しなければと思うし、打撃がまだまだなのでただの投手転向になりかねない。

根尾選手、今年は便利屋としてでも
とにかく一軍に帯同して、代走、
守備固め、敗戦処理投手等与えられた
役割を何でもこなし、
主力野手、主力投手の疲労軽減役に
徹してチャンスを待つ年にすれば
良いのでは。

一軍のプレーを観察しているうちに、
放っておいても努力して、自分自身で
生きていく道を見つけ出す頭の良い
選手だと思う。

野手としての場所がないのならば二刀流でなく投手に転向って言うんじゃないですか?
プロでは野手でと決めて自分の中でまだすべて出したと思ってないだろうから、今の状態で打診されれば移籍を望むだろうし、それがパリーグでその時に投打ともよければ二刀流ということもあるが可能性はゼロに近い。
セリーグで投手が打席に立っても二刀流と言わないのでは?野手で出番がないのに、投手に転向して代打や投げない日に別のポジション守ることってあるの?

昨年、打席を与えられたのにもかかわらず結果を出せなかったので、現状の立ち位置はしょうがない。
ただ、今年のオープン戦後半から状態は良さそう。
昨日のボールの見逃し方がとてもよかった。

これから岡林選手がバテるかもしれないし、大島選手の故障も考えられる。
そうなった場合は根尾選手の出番ですね。
いつでもベストな状態で臨めるように体調管理はしっかりしてもらいたいですね。

今からは流石にないと思います。
入団当初はせっかくセ・リーグに入ったのに、と感じていました。
先発でなくとも、試合中盤のリリーフくらいでも起用してみればいいのに、と。
それでも確か本人が野手一本を希望していたはず。
それなら仕方ないと納得した記憶があります。
でもキャンプでは投球もしており、昨シーズンの巨人増田選手の件もあるので可能性はゼロではないのでしょうか…。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる