MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

大谷翔平 二刀流1番DH兼投手。強打のアストロズ打線相手ににナイスピッチングだった。

二刀流1番DH兼投手。強打のアストロズ打線相手ににナイスピッチングだった。スプリットが今日はほとんど勝負球にならなかったにも関わらずシーズン初戦で上々だったと思う。アルトゥーベを相手に圧倒した3三振を奪ったのは圧巻だった。次回スプリットが冴えればどんなチームも相当手を焼くだろう、楽しみだ。リリーフ陣もまずまずだったがテペラはピッチング内容が心配。加えてアデルの守備は心配の心配と思った。試合はアストロズのバルデスが抜群だったからしょうがない。いい打線でも打てない感じだった。貧打と言うことではないと思う。やっぱり大谷からのトラウトの打順はワクワクする。

相手チームのピッチャーよりナイスピッチしていても、試合では負け投手になることなんて沢山あるさ。
ほんとはそれじゃ可哀想すぎるんだけどね。だからこそ強いチームにいることは重要。
バッターの場合もそれは言えて、自分がホームランバッターである以上、自分の前後にも強打者が控えている必要がある。
勝負を避けられないようにする上でこれはとても大事な要素になる。これはもちろんホームラン数にも大きく影響してくる。
すべての不平不満を言ったらキリがないが、時の運や不運もすべて味方につけて、結果レジェンド超えをしてくるのが大谷翔平だと思う。
今シーズンはとんでもないことを起こしてくれそう。

投球のリズムが悪すぎる。あれだけ気温高い上に、念入りに手を湿らせて、時間使って、それでも定まらない制球、決まらないスプリットじゃ、強いチーム相手にQSは難しいし、野手は攻撃のリズムを掴めない。
バルデスとは対照的な投球にチーム力の違いを痛感した。
とはいっても、状態が悪いわけじゃないし、まずまず結果は残せると思います。

バッティングは全く問題無し。
ポストシーズンは難しいだろうなという評価も変わらず。可能性あるのはシンダガードだけでしょうね、あの打線やり込めて試合作れるのは。

先ずは、大谷翔平選手、残念ながら負けはしたけど、
MLBでの日本人開幕投手としては7番目の快挙達成おめでとうございます」!

長いロードの始まりを勝利で飾ることが出来なくても、投球内容は決して悪くはなかったと感じます。5回までに自慢の160kmの速球やスプリット、スライダー、カーブと相手に的を絞らせない内容は、お見事だったと思います。結局1失点9奪三振の記録は、上場の滑り出しだと思えます。

オープン戦は、ファンに楽しんで貰えるようにプレーすると共に、大谷翔平選手も試合を楽しむようにプレーして欲しいと感じます。とにかく序盤なので体を慣らすことも必要ですね。今はマイペースで問題ないと思えます。

今季の活躍で、どんな神業を見せてくれるのか、改めて楽しみです。

まずは開幕戦。その上二刀流での出場というメジャー史上初の快挙。
投手としても、打者としても上々の出だしと個人的に思う。

投手としては9奪三振1失点。先発の役目を十二分に果たした。
いきなり160キロをマークしてもいる事から、仕上がりは本当に良かった。

打者としても第4打席はホームランかと思った。結果無安打だったが、
スイングがしっかりと振れている感じを受けた。

オープン戦での好調を維持しての開幕戦。黒星はついたが悲観する内容ではないし、
大谷ルールもさっそく実用した。

これからのメジャーリーグ、特に大谷選手から目の離せないシーズンがついに始まった!

あの好投で黒星は可哀そうでした。三振9個、失点1、しかし見方は5回まで0点、確かに大谷もチャンスで打てなかったですが、今日の彼にそこまで要求するのは可哀そうです。今日は先発しているので打線がせめて2~3点は取らないと勝てません。1点で勝てる投手は居ますが、アストロズ相手ではかなり厳しい。今日はアストロズの投手もエースで調子も素晴らしく良かったとは言え、誰が投げてもあれでは勝てません。

日本の野球では勝利投手になることに価値を置いてるけど、アメリカでは勝利投手になるかどうかは評価項目ではない。アメリカでは勝利投手よりも球数100球で6回を投げ切るほうがはるかに評価される。

MLBは日本よりはるかに高度な分析野球。勝つために徹底的に分析する。守備位置ですら高度な統計処理により導き出された最適守備位置を守るのだから。

去年のシーズンと全く同じ試合転回にあきれる。トラウトやレンドンも拍子抜けで、全く打てない打線でした。大谷も六回位まで最低でも投げないと先発として物足りないと思うし、本人が一番悔しいと思う。先発としての意地をもう少し見たかったし、トラウトには頑張ってもらわないと昨年と同じになりそうで不安が残る試合だった。明日に期待します。

あの中継ぎのホームラン続けて打たれた選手は大丈夫なの?
少ない球数なのにホームラン以外も怖い当たりばかりだった
あとアデルの守備もひどい
内野の守備はなかなかよかった
大谷くんも球数は多かったけどそこまで悪い出来ではなかったしバッティングも4打席目はかなり惜しかった
レンドンのホームランよりのファウルもそうだけど今日は勝ち運がなかったと思う
次は良い流れがきますように

大谷ルールだと降板後も大谷選手をバッターとして残せるので無理にピッチングを引き伸ばすこともなくなるしピッチャーとしての負担は少し軽くなりそうですね(降板後にバッターとして引き続き出場することがほぼ確定となったので疲れ自体は変わらないかもしれませんが)
何年もかけて調整方法を模索した大谷選手とDH解除を含めての二刀流運用を何年も続けてきたチームの努力がルールになってよかった

メジャーはNPBと違って投手の勝ち負けの数は評価の項目にない。勝ち負けの数だけで言えば考えられないような選手がサイヤング賞を受賞したりしている。なので勝ち負けだけの見出しで報じる記事は無意味。メジャーでは稼いだイニング数に失点数や四死球などWHIP=安定性で評価される。松坂投手が18勝3敗した年のWHIP1.4ほどで勝ち負けでは優れていても内容は悪いと評価された。今年も思う存分頑張って欲しい

昨年の終盤も援護のなさに泣きましたね。10勝が目前だっただけに、本人もどこか苛立ちを隠せない様子もあった。
一方で球数が多いことは否めないし、「投手・大谷」としての豪打を見たいのも事実。野球は一人でやるものではないですが、オオタニさんが自分のピッチングとバッティングで勝ってしまう試合が1つくらいあっても面白い。それくらい、昨年を上回る圧倒的な二刀流をいつか見せてくれるんじゃないかって期待してる自分がいます。

大谷投手は80球で降板しましたが、今日はどの試合を見ても先発が早い段階で降りてるあたりスプリングトレーニングが短かった影響が出ていますね。
何試合か同じように調整を兼ねた起用法が続きそう。
それにしては今日の大谷投手は昨年の先発時より球速が出ていたし、ナチュラルにカッターになっていて変化球と組み合わせやすい投球をしていたのが2022年版大谷翔平を感じましたね。

二刀流の一番は、やはり忙しいし疲れるのでは。
せめて、六番か七番で余裕を持って打席に立たせた方が結果が出るような。
バッターだけなら足も有るし、打席数も多いから一番でいい。
今日はバッター、ピッチングはどちらも少し力んでいたように思う。
それでも三振ショーは圧巻。
次からは投打ともリラックスして活躍してくれるでしょう。

今日の大谷は工夫して頑張ってた。スプリットが使えない日だったけど、カーブ含めた他の球で球数も使いながら何とか抑えていた。
それにしても感じるのはエンジェルス打線の迫力不足。バルデスは良かったけれど、左投手目線だと3番までしか怖いバッターがいない。対するアストロズは6番まで強打者が揃っていて、大谷も気が抜けるところはペーニャとマルドナードくらい?相手が左先発の時の打線は右のフレッチャー1番大谷2番とか、3番まで抑えれば終わっちゃう打線にならないよう考えどころな感じ。
明日はシンダーガードと大谷の打席に期待!

打者もやってるのを一旦置いて、単純に投手として比べると、相手の方がやっぱり完成度が上のような気がした。投手としてもメジャーで一番になってほしいけどまだまだ先がありそう。勝敗的にはあのレンドーンの当たりがファールになり結局チャンスで2回もゲッツーになったのが痛かった。しかし彼はバッターとしても本来すごいはずなんだよね(守備は文句なくうまいんだけど)。まだ移ってきてほとんど本領を発揮したの見てないんだよな。

勝ち星については、チーム力の差や運もあるから仕方ないですね。
打てませんでしたが、今日は投手大谷、打者大谷がみれて、明日は打者大谷がみれる。
これだけでも凄い事ですよね。
明日はぜひ打ちまくってほしい、頑張ってください、大谷選手の活躍の楽しみに応援してます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる