MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田の年間安打は45本ペース

「143試合ショートで出られる体力があるのは京田しかいない」

こういう決めつけに拘らず、石垣や根尾にもショートを挑戦させてほしい。

1割にも満たない選手が起用されるのはおかしい。石垣や根尾が酷ければ諦めもつくけど、競争もないのはちょっと。

ファンからすると今の京田には全く期待感がない。
本人は全力でやってるのだろうが、凡退の仕方も無気力に見えてしまう。

まだ開幕して一回りもしてないので監督が我慢するのは理解できるが、143試合フルに出て打率1割台だったとしても我慢するのか?

これが命取りになるかもしれない。
自分で打破出来る選手だったらとっくにしてるはず。
プロ7年目でこの状況。
ず~っと、レギュラーで使ってもらって、一度も上昇曲線がない選手をず~っと使うって如何なものかって思う。
金を出さないフロントにも問題はあるが、こういうことだってファンが離れる理由の一つだと思う。

ショートを聖域化しすぎな気がする。だから京田は余計アンチの標的になってしまうかわいそうな部分もあるのだけれど。にしても、今の体たらくじゃ、叩かれても仕方ないよ。この監督発言が溝脇をはじめ他の選手のモチベーション低下に繫がらないことを祈りたい。

1年間体力がもつ選手が他に居ないからレギュラーって… そんな基準なの? 理解に苦しむ。他の内野手は何を目標にして頑張れば良いのか。成績度外視でとにかく体力付ければ良いのか? メンタルが心配だわ。

京田が反対方向に強い打球を飛ばしているのを見たことがないんですよね。彼は左打者かつ足という武器がある。外側の球は流せばよいと思うのですが、毎回ひっかけたセカンドゴロを続けるんですよね。そういったところが野球脳がないと言われてしまうんでしょうね。今年28歳になります。伸びしろはないでしょう。

ヤクルトやDeNAみたいな、打てる選手がたくさんいるチームなら、京田と心中でもいいのですが、中日の打線の中で京田を聖域にされると、きついです。立浪監督、よく考えてほしいです。

8番に置けるなら使ってもいいと思っていたが、ここまで打たないと、いくらなんでも外さないとダメでしょ。

まだ3本しかヒット打ってないんだよ。こうなってくると、控えが何のためにいるのか分からない。何で溝脇を使わないんだ。

今日も最終回は代打を出すべきだったと思うけど。

見方を変えれば、上で1年間守る体力さえ付ければレギュラー奪取が見えてくるということ。京田の良さは現状、守備のみ。あの成績で不動のレギュラーだなんて異常。ドラゴンズはまだまだ穴が多いね。

なんというか。これが中日の弱さなんだろうな。
本来ならこんな状況の京田は二軍でしっかり調整させなきゃいけない。その方が長期的にみると本人にもチームのためにもなる。

とはいえ、その京田が調整している間誰が埋めるのか?というところで(実力はどうあれ)首脳陣が多少は信頼してもいいという奴がいないのか、やり繰りする自信が首脳陣にないのか

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる