MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

渡辺久信GM、レッズ秋山翔吾の動向注視 オファー出すかは「秋山の気持ちもある」

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。


世界最高峰のリーグに挑戦したいのは野球人として当然の気持ちだと思います。 しかし日本で素晴らしい成績を残していたとしても、MLBでは結果が出ない選手もたくさんいます。 そのような選手でも、NPBで必要とされていれば戻る選択肢もあるのは当たり前の事だと思います。 彼らにも生活があるのですから、本人にも現役続行の意思があり、契約してくれる球団があればそのチームで続けるのは普通の事ではありませんか? ルールの範囲内で海を渡り、ルールの範囲内で日本に戻ってくるのであればそれは周りが否定する事ではありません。

日米の文化や環境の違いは置いておいて、パワー・スピード・データの活用でMLBがNPBを圧倒しているのは厳然たる事実。その日米差が、秋山選手が移籍初年度の後半の割と打てた時期も含めてのスタッツとして表れたのだと思う。そして、その数値の期待値は2年目・3年目と低下していっている。率直に言って、年齢・怪我による劣化だと思う。NPBに復帰するとして、獲得する球団は、既に秋山選手に往年ほどの活躍は期待しずらいと考えた方が良いと思う。

ライオンズファンとしては、秋山は喉から手が出るほどほしい。
ここ数年、一番を固定できず結果も秋山が抜けてからは下降している。
果たして秋山を獲得して短期的に一番を補うことが良いのか?
若手を育てて長期的に行くのが良いのか?
迷うところではある。
私としては、後者の考えが良いように思う。
勿論、秋山本人と球団による判断となるが、良い決断をお互いにできれば良い。

たしかに見切り発車的に動いたら暗にメジャーを諦めろと言ってるように取られかねないので慎重に動くべき。
先日は、「若手も育っているし山川森外崎資金も必要なので動かなくても良いのではないか」と考えていた。

でも、状況が大きく変わった。
若手もまだまだだし、森と外崎は積んででも残すべき選手かどうかに疑問符が付いてしまった。財政上とチーム事情、他チームの動向などをよく鑑みて何に注力すべきか議論と検討をするべき。

年齢とこの2年間の成績ではもうメジャーは厳しいだろうね。

もちろん本人が決める事だけど仮に日本に戻るとしても金がね、西武が金額で精一杯の誠意を見せたとしても他の金満球団が倍近い提示をする可能性が有る。

ただ過去の例からも高い金額で行っても外様は余程活躍しないと厳しい未来が待っている事が多い。

古巣なら其の辺りは優遇される可能性も有る、其れも含めて秋山がどう判断するか。

怪我無く1シーズン過ごせばある程度は活躍できるだろうが、レギュラークラスでは難しい。メジャー契約を取るためには、とにかくバッティングだろう。日本で出来ていたことをメジャーでもやることだ。今のまま日本に戻っても、スケールが小さくなった普通の選手だろう。本来の実力を是非発揮して、レッズを悔しがらせてくれ。

秋山にはメジャーで頑張って欲しい気持ちと、また西武で応援したい気持ちが入り混じっている。

ただ、秋山がメジャーに行った時に、秋山の影を追いかけなくて済むような後継者が育つようにと思っていたのに、それが昨年までで言えば実現できていない事が一番複雑かな。。。2年で秋山も帰路に立つ事になるとは思ってもいなかったが、その時点で西武が秋山を求めるような状態のままであることは望んではいなかった。

育てた西武からすれば、まだメジャーを諦められない気持ちもある秋山の意志を尊重することは当然のことだと思う。

それでも山賊打線の中核だった秋山が戻ってきてくれるなら横取りされる前に全力で獲りにいくだろう。
今の打線の補強ポイントとしても合致しているし。

普通に考えて困窮する2軍の投手陣を編成しないと
2軍での若手の酷使になり2年後3年後投手陣は崩壊して
大変なことになる
秋山の補強よりも秋吉や牧田を獲得したり
独立リーグで好投している投手を獲得する方が優先順位が高いと思う

最終的には、本人の意思が最優先ですが、できるならば是非ライオンズに復帰して欲しいです。山賊打線も1番秋山、2番源田の俊足コンビが塁に出る事がポイントになっていた部分は大きいと思います。
鈴木や岸をはじめとする、他のメンバーとの競争はありますが、彼らのレベルアップを促す為にも、お待ちしています。

Yahoo!ニュース
【MLB】なぜ秋山翔吾は開幕ロースターから外れた? レッズGMが明かす理由「左打者が多い」(Full-Count) ...  レッズの秋山翔吾外野手が3日(日本時間4日)、28人の開幕ロースターから外れた。3年契約最終年となる今季、オープン戦は7試合に出場して22打数4安打の打率.182。ニック...

NPBでシーズン最多安打記録を達成しているのだから、力があることは間違いないはず。なのにこれだけ結果が出ないということは、MLBと相性が合わないのでしょう。ちょうど古巣のライオンズが山川・森の離脱で苦しんでいるところだし、NPB復帰を考えてもよいのではないかと思います。

チームに左バッターが増えたのは、GMとして必要な補強をしたからだ。
要するに秋山選手は左バッターとして戦力にならないと判断したわけだ。
話し方によって、印象が変わるもんだ。

FAでどこかと契約できればいいけど
成績が成績だから、与えられたチャンスに応えられなければ
即マイナー行きに思える。
既に開幕までの猶予はない

打率が悪過ぎるのと非力、年齢などなど。年俸に見合う仕事が全くできてない。守備固めだけのために貴重な枠を埋めることは無理な話。あと、今の状況下で日本からの金も見込めないし。球団はよくここまで我慢してきた。

この内容だと左右関係ないと思うし、秋山に見切りをつけたから左打者を補強したのだと思う
GMは優しいコメント出してるけど現実はシビアだ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる