MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

大野雄大が4月1日に1勝目をあげれたから15勝は目指せる

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

これぞエースのピッチング! 苦しい試合が続く中、貫禄の投球でチームを鼓舞する姿は流石投手キャプテンだと思いました。また、本拠地初勝利をエースの力投で勝ち取ったのは、今後の試合に良い影響を与えてくれると思います。8回の逆転劇も、若手と中堅・ベテラン組が上手く噛み合った素晴らしい攻撃でした。こういう粘り強い野球を今後も継続していって欲しいです!

エラーをきっかけに2点取られて逆転されたときががっくりしましたが、よく再逆転してくれました。
当たりの全く出ていない京田選手にも昨年と違い代打も出してくれました。昨年ならどんなに打てなくても京田選手に代打など出していなかったと思います。結果は凡退でしたが個人的には納得のいく采配でした。
また逆転の時も鵜飼選手の必死に食らいつく姿勢も凡退したもののビシエド選手の悔しがり方も応援している一フアンとしてはうれしく思いました。シーズン終了時の結果はどうであれ昨年よりはるかに納得できる采配、応援のし甲斐があります。新監督ありがとうございます。

エースと持ち上げるのも居るけど、結果的に勝てただけ。

もっともこれが大野らしい、大野ならではの投球で、これで1勝1敗の五分に戻せたのは僥倖だ。

相手のエース大瀬良が、先制弾を被弾した後、らしい投球をし、8回に集中打。

替え時が難しい。

開幕以来、継投ミスや難しさに救われた逆転劇や猛追劇、これを楽観的に手放しに評価し救いを求めたいのもわかるが、敵失でしか勝機を得られていないのが現実。

まあ、これを生かして前向きに、頑張るしかないのだろう。

昨今では珍しいエース同士の投げ合いの試合。
大野、大瀬良双方ともにエースとしての自覚と自負が感じられるピッチングで、見事な投手戦でした。

継投ありきの試合マネージメントが当たり前の時代だけど、こういう試合だって見たい。
エース同士が終盤まで投げ合うのはやっぱり面白いよ!

春先の大野は調子の上がらない年が多いが、今年はうまく乗れているようだ。又吉がソフトバンクで好投のスタートを切っているようで、さすがはソフトバンク、見る目があるというか、いい商売をすもんだと思う。又吉がいなくなってリーグ一と言われた中日の中継ぎ陣も、今年はガタガタで見てて抑えられる感じがしない。その分、少ない先発陣にも負担がかかるが、まあ、負けてはいるが勝負としてはそこそこの良い勝負はしてる。又吉を返して欲しい。

あの守備ミス以外はきっちり球数も程々に抑えてるし、本当この投球内容してくれた大野に勝ち星がついて良かった。
めちゃイニング食って沢村賞取った時の頼もしさが今日はありました。
この勝ち方は投手からしたらだいぶタフだけど、先発降りるまでにしっかりと集中打で勝ち星もたらす、そう言う年にしていきたいな。

今日の勝ちは大野投手の三振の後に吠えた、あの悔しがり方が呼び込みましたね!あんなに投手が打席で執念を見せたら、野手がなんとかしないわけにはいかないですね!
野手陣のその気持ちが毎日続くことを願っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる