MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

ボンズはステロイドに手を出す前から十分殿堂入りクラスの成績だったのに、周りのステロイド競争に影響されてしまったのが少し可哀想だね。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ボンズはステロイドに手を出す前から十分殿堂入りクラスの成績だったのに、周りのステロイド競争に影響されてしまったのが少し可哀想だね。

ちょい前の規定「15年」だったら入ってたかもね。

それにしても、S・ローレンが60%越えてるってのは不思議。いい選手であったのは間違いないけど、殿堂入りするほどではないと思いますが。

オルティスも2003年の調査でグレーだったそうですね
その後は陰性でしたのでクリア ボンズクレメンスは続けたこれが今日の結果に結び付きました

いつの日か、何十年か先にボンズとクレメンスは復権を許され殿堂入りする気がする。もちろん当人達がもう鬼籍に入ったあとで。

王貞治さんがステロイドだけであれだけホームランを打てるものではないってボンズを擁護していたけど
それでも米記者は疑惑に厳しいな

クレメンスは差別主義者だから当然、ピアザへの頭部死球の時の傲慢な態度が、未だに鮮明に思い出す。

クレメンスも薬物疑惑ありましたね。
素晴らしいピッチャーだっただけにボンズといい残念。

アメリカの薬物野郎の記録なんか一旦抹消して
新しい連盟を作ることを進める。
簡単なことC(クリーン)をつけてCMLBでいいんじゃない。。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる