MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

落合さんのテクニックは別格でしょう。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

落合さんのテクニックは別格でしょう。節目のヒットはホームラン。味方に死球を与えた東尾にピッチャーライナーを直撃。そこ危ないよと注意したテレビカメラに一発で打球を直撃。まるでテニスをやっているかのような超絶なテクニックです。ただでさえ難しいバッティングでピンポイントで打球を当てる人は他にはいない。今までたくさんプロ野球選手はいますが、落合さんのテクニックはずば抜けていると思います。

やっぱり落合、篠塚さんは投手目線から見ても凄い打者だったんだなぁ、好打者には如何にも打ちそうな雰囲気の人と1、2球目まではさっぱり合ってなさそうでもその後の球をきっちり打ち返せる打者のタイプがいるんだけど投手からはどっちが嫌なんでしょうね、機会があったらまたお話ししてほしいです。

落合本人は多くを語らないし、語っても本当にそうなの?と思ってしまう話ばかり。ネットの世界には全く関心無し。それなのに同時代のいろんな人の証言でどんどんその実像が明らかになって来るのが面白いね。
今やイチローや松井より人気あると言っても過言じゃないもんな。

誰かのYouTubeチャンネルで篠塚は見逃しと思った時にスッとバットが出てくるって言ってた。ギリギリまで引きつけていたから確実性があり打率も高かったんでしょう。本人も現役で打席立ってて球が速くて手も足も出なかったのは、高2で対戦した江川さんだけって言ってたな。

落合さんは対策の鬼ですよ。
ワンシーズン押さえ込んだからと言って安心すると、翌シーズン滅多打ちにあいます。
選手晩年の巨人時代には松井がまるっきり打てなかった全盛期の大魔神佐々木をカモにしてたくらいですしね。

目線を見るのは普通にやってる。逆に目線を見ない打者はいない。投手は投球動作の途中で意識して目線を切るようなことも駆使するが、どこかで的を凝視するので目線と球を同時に見ることができればコースや球種が読みやすい。が、読めたら必ず打てるものではない。レベルの高い投手は判っていてもスイングが追い付かないし、レベル低い投手は目線と投球が合致しないことが多々ある。

落合さんはこのような情報を自分有利に持っていける技量が図抜けていると思う。
王さん、イチローさん、大谷さん。それぞれの個性で順位付けできるものではないが、野球を始めた時からすでにプロレベルのような稀有な人が、時間切れ寸前でプロに入って努力でプロを圧倒的に超越した。落合さんが今までの日本の打者NO1と思います。

確か二宮清純の本だったと思うけど、落合の2ストライクからの異常に高い打率について触れていた。
どんな強打者でも、2ストライク後の打率は1割台まで落ち込むそうだ。
ONでもせいぜい2割中盤と書いてあったと思う。
ところが落合の場合、3割台のシーズンがいくつか有るらしい。
打者は追い込まれるまでが勝負なわけだが、落合の特異性は追い込ませてから仕留めるところにあるのだとか。
要するに、ウィニングショットの軌道がインプットされていたのだろうということ。

落合さんも凄いんだけど、最近ではベンさんも すげえなってドラゴンズに来てから観てた。膝が地面に着きそうになりながらすくい上げた打球が広いバンテリンの外野スタンドに消えていく打球を幾度となく見たけど、変化球対応が半端無かった。

落合がそう言ったんじゃなくて、対戦相手のスコアラーが言ったのか、面白いな
これは貴重な証言だ

あと、篠塚が苦手と言いながら、実は.278しか打たれてなかったのも面白い
数字以上に嫌なイメージを与えるあたりが、やはり篠塚は素晴らしい打者だったのだなと再確認した

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる