MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

去年の奥川や佐々木のような飛躍を期待。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

去年の奥川や佐々木のような飛躍を期待。柳の次のエースにならないといけない投手。ゆったりローテで良いので年間通して投げて、勝ち負けもだけど、何より持っている実力を発揮してほしい。

中日のエースとして長く活躍してほしい。栗林を取ればよかったとかいう人たちを思いきり見返してやれ。

フォームが安定しない事には制球力もつかないからね。プロでは150キロを投げるだけでは通用しないからね。制球力と自慢の速球を活かす変化球の精度をどこまで高められるか。2、3年後にローテ入りしてくれれば十分。

高卒のエースと成長した投手は、小松辰のように2年目にブレイクした選手が多い。
中日のエースとなるには大事な1年です。期待しています。

現代野球はそれなりにコントロールが良く、球も早く、球種豊富で器用なタイプが成功するパターンが多い。コントロールがイマイチでバットに当てられる豪球、力投派タイプだけに、まだ相当時間がかかるのではと思う。当面は2軍で決め球を身につけ、精度が上がるまでは投げさせるべきではないかと。若いのに自信無くしてもらっては困るので。

良い投手になってくれるとは思うけど、世間知らずで本当にいい選手と無縁になっているちうにちファンの妄想が独り歩きして思い描く理想図とはかけ離れてしまうかもしれないので、そこのギャップで苦しませることにもなるやもしれないので心配だ(笑。

朝倉クラスまで行けば御の字なんではないかな、とも思うけど、それじゃあ納得しないだろうからねえw。

育成過程も端から先発型で仕上げると思うほど伸ばせていない中日の伝統的な育成力も気になるし、ご本人もアマチュア経験が豊富だったほぼ完成している柳の真似をしようとしているのもどうかな、と思う。
中日で成功させた高卒投手の多くはリリーフスタートが多い。なまじ先発だと5回程度を投げさせ良しとする過保護で、半端な投手ばかりを出来上がらせている印象だけに、新首脳陣の育成の方向性も注目になるが、まずは無事にキャンプを過ごせるかどうか、そこが課題だろう。

高橋は見違えるほどフォームが良くなっていますね。
石川ともに、今年飛躍の予感がします。
岡林も多分大丈夫でしょう。
根尾は入る余地が正直ないので、ここは思い切って投手へ切り替えるか?
決断の時が来ています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる