MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

一昨年の3割到達は、まぐれじゃ無かったということを今年頑張って証明して欲しいものです。

一昨年の3割到達は、まぐれじゃ無かったということを今年頑張って証明して欲しいものです。
バットを変えるとどれ位影響があるのか素人には見当もつかないが、自分に一番あった、身体にしっくりくるバットで打率を稼いで、芯に当たれば20発くらいはホームランが打てるバッターに育って下さいよ。
順調にいけば今年中にFAの権利も取得出来るみたいだしドラに限らず他のチームからも欲しがられるような選手を目指しましょう。
でも、FA権取得してもドラに残ってよね。

入団当初に見せた長打力が魅力だったから、3球団の重複指名が有ったのです。
特に足が速いと言う訳でも無いので、指名した球団は周平選手のスラッガーぶりを期待した筈です。
守備が上手いだけの並の選手に成ってしまえば、レギュラーを追われる日もそう遠い話では無いと思います。
現実にファンの声は石川昴弥三塁手の台頭を待ち望んでいるくらいですからね。
レギュラーを守り続ける為には「3割・20本・80」は必須だと考えるべきですし、やれる筈だと思っています。

打ってくれないと困るんだがホームランは厳しいと思うから二塁打をあと10本、打点を倍にはしてほしいですね。
徹底的に下半身を鍛え直してほしいですね。去年のような守備では困りますし。

アベレージヒッターだった立浪監督より、
ホームラン数が少ない、元々高校選抜チームの4番打者と言うのは、普通に考えて、
有り得ません(笑)
立浪監督、現役時代の最多本塁打16本2回、14本1回、二桁本塁打9回、
これからこの立浪監督の記録を超え続ける成績を、期待していますので頑張って欲しいです。為せば成る、為さねばならぬ、何事も!!
、の精神で頑張って下さい。

まず、森野コーチを越えたいね。それから30歳くらいで、立浪監督のようにミスタードラゴンズと
呼ばれる選手になってもらいたい。それには数字だけじゃなくて、勝利への執念。それを体現するプレイヤーになって欲しい。

選手それぞれと思いますが、大谷選手でも確か905gのバットでしょう。彼もミートができればボールは飛んでくれると言っていましたね。メジャーの情報ではボールがバットに当たった角度で飛距離が変わり、ホームランになる確率の高い角度があるとか、日本のプロ野球界ってスポーツ科学や野球分析をしてのトレーニングや打法研究をしているのでしょうか? 少なくともバットより選手の身体・体力強化の方が必要では?

今年中日の強さに最も直結するのは4番ビシエドの前後
ビシエドだけ気をつけておけば全然怖さが無いと舐められまくったのが昨年
新戦力や若手にも期待はかかってはいるけど
一番期待されてるのは周平の復活
自分が納得できるスタイルならどんな形でもいいから
周平とビシエドのクリーンナップは強力だと言われる活躍を期待してる!

自分にあった道具を選ぶ、道具にあった体の動かし方をするのは大事なことだな。

弘法大師も良い筆を選びまくってたからな。

持つべきものは友よりも良い道具だぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる