MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

高校時代から仲間でありライバル。

高校時代から仲間でありライバル。

切磋琢磨して2人ともスタメンになってくれれば、野球を観るのがより楽しくなるので頑張って欲しい。

根尾や藤原に共通して言えるのは好不調の波が激しすぎるということ 逆に大島は年間通して好不調の波が少ない 大島のいいところを少しでも吸収出来るといいね

大島さんの自主トレ「大島道場」は高橋周平選手が初めて参加して、あまりに充実した内容に初日でヘトヘトになり「今までどんなトレーニングしてきたの?」と厳しい言葉をかけられ、それをきっかけに初のGG取得、打率3割ちょい切るくらいの成績で飛躍の年になった。
根尾選手も2年目に初参加して大島さんに「自分、意外と体弱いな」と厳しい指摘。

根尾選手はプロの体さえ出来れば絶対活躍できると思います。

強い打球が打てるようになってきた根尾選手に期待。
高校時代のライバルであった藤原も含めて自主練習したのは大島の懐の深さだね。
根尾選手にはセンターのレギュラーを取って大島に引退の引導を渡すくらいの選手になってほしいね

大島が言ってね。
根尾は自分のスイングをしたら打てると思ってる。
野手の居ない所に落とせばヒットになる事が分かってないみたいな…
この辺りの切り替えが出来ればもう少しやれるんじゃないかと思うな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる