MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

ナゴヤドームになってから育った高卒の大砲がいない。

ナゴヤドームになってから育った高卒の大砲がいない。
堂上、平田、周平など、彼らも長距離砲だと期待されて入団してきたが、今ではただ当てるだけの何の怖さもない打者になってしまった。
福岡ドーム時代のダイエーの王監督みたいに、広い球場に合わせて選手を伸ばしていくような指導者が中日にはいないのが問題。

そもそも根尾の打撃はドラ1レベルでは全くない。
中日に強打者がいないのは、球場が広いからホームラン狙わない方が得点に繋がりやすいと首脳陣もしくは本人が思い、そちらにシフトしたからではないだろうか?

高校でのドラフト1位が育っていないと言うが、ドラフト1位ではない、大島、宇野、山崎などスラッガーは過去に育っていました。ホームラン王のタイトルも取っています。
広いバンテリンドームとは言え、石川は必ずドラゴンズの4番になる選手です。
期待して見守りましょう。

元々期待大のドラ1に「化ける」はおかしい。周平みたいに遅咲きの年でもないんだから。
とにかく怪我に泣かされる運のなさが今年は払拭されることを祈ります。

ドラゴンズはスラッガー育てられないわけではない。そもそもプロ野球は実力主義。ドラゴンズはそれに忠実なだけ。でも石川選手はどの評論家も性格がプロ向きと言っている。個人的にはくよくよしないのだと思ってる。打てば必ずどこかで使われる。

石川は2軍でもシーズン通して試合に出たことが無い。やはり体力面の不安が大きい。レギュラーとれたとしても、いきなり3割30本も打てるとも思えない。本格的なスラッガーになるとは信じているが、それでも覚醒まであと2~3年はかかるでしょう。石川を成長させるためには、打線の軸となる選手がしっかりしなければ、難しい。そのためにも外国人の補強は大事だったんだが。

「絶対に化ける」って、この表現だと、「能力があるひとは将来絶対に化ける=すごい選手になる」と、とれるんだけど、
石川が能力あるのは十分に分かったけど、、能力があっても化けるか化ないかは正直別の話ですよね。

まずは怪我をしないこと。それと使い続けることですね。最低でも去年の根尾ぐらいは打席に立たせてみたいですね、大きく育ててほしいと思います。平田や高橋、そして直倫の二の舞いにならなければいいのですが…福留クラスの選手になることがあればドラの未来も明るい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる