MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

もう、力を抜いてミート力を磨く、その1点だけだと思う。

もう、力を抜いてミート力を磨く、その1点だけだと思う。事実、昨季後半はミート重視で、プロ入り初の猛打賞も記録した。昨季は仁村さん、大島や周平始め諸先輩に指摘された事もあるが、過去3年の経験で危機感と共に本当に腹に落ちたのだと感じている。
秋には立浪新監督から「外野一本。確実な打撃を目指せ」と、方向性が明確に絞られたのも良かったと思う。イチローも通ったトレーニング施設・ゴールドウイングでは身体の使い方を今一度見直し、今までより力を抜いて強い球を投げられるようになったというし、小山代表からは「大文明開化。70%アップした」と太鼓判ももらった!
このままミート力を磨けば、今季は高い三振率やゴロ率が改善されて、ライナーやフライを打つ率が高まり、たまに長打、という風に改善され、ネオ根尾を見せてくれると思う。楽しみです!

入団時は2軍で競争させるようなレベルの選手ではない、なんて声もよく上がっていたが
2軍で競争させずに遊撃を与えて好きなようにバット振らせていたらてんで育たず4年目になってしまった。当然土台が出来てないのだから1軍に上げてみても結果なんて出るわけもない。
野球太郎とか聞いたこともないが、根尾の身体能力が高いといっても大谷のスケール感は別格。プロは甘くない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる