MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

石川の場合、結果よりも怪我をしないという事が1番の課題。

石川の場合、結果よりも怪我をしないという事が1番の課題。怪我さえなければある程度の成績は収められると思っている。ただ怪我を恐れて小さく纏まってしまうのも怖い。だから1年間戦い抜いけるしっかりした身体づくりやケアーはしていかないといけないと思う。
広角に大きい打球を放てる力は備えている選手。
今のドラゴンズにはもってこいの素質ある選手だと思うんでそこだけはしっかりして来年は実りのある飛躍の年であって欲しいなと感じます。

中日は毎年若手でなんとなくポジる現象はよくあるけど褒め称える人が球界でもとにかく多い石川は本当にすごい存在なのはよくわかる。
もうあとは実践で結果を残すのみ。ただそれだけ。

打てなくても使うではなく、慣れたら打てるから別に心配せずサードを任せればいい。肩もいいし、高橋選手の3年目より遥かにダイナミックなプレーができている。先輩の小兵の様な短打狙うの打撃を戒めに、村上選手や岡本選手の様な存在に覚醒して欲しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる