MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

今年最下位でも石川に4番の目処ができればOK

形がある程度出来ている選手に誰が選ばれるか。石川は確定っぽいけど、セカンドは高松とか他にも使ってほしい選手が多いので、サード狙ってほしい。周平がどこまで変わってくるか。あとは両翼。根尾、岡林、ブライト、鵜飼に郡司やアリエルまで候補になりそうで、全く予想がつかない。個人的には郡司がシーズン通してどのくらい打つか見てみたい。

最重要課題の長打力と得点力が、
現有戦力のメンバーで向上出来るのかが、
来季の成否の大きな鍵を握る。

栗原・村上・パウエルのボンクラコーチトリオが、
土井さんと森脇さんが種まきしたものを、
根こそぎ枯らして行きよった。
周平と阿部は、上記の三人の放置プレイの、
最大級の被害者と言ってもいい。

選手と森野さん・中村紀さんが、
今季のドン底から、どれだけ上げてくれるかだ。

どれだけ監督・コーチが優秀だったとしても、中堅・ベテラン野手陣がいきなり人が変わったように打ち始めることはあまり期待できないでしょう。
外国人等の補強もない制約下で勝てるとしたら、チームの意識改革と若手の成長がどこまで進むかがポイントかと思っています。
今年結果的に優勝できなくても、来年・再来年の足掛かりとなるようなシーズンになることを期待しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる