MENU
ドラゴンズの試合中継を無料で見るにはこちら

もう、力を抜いてミート力を磨く、その1点だけだと思う。

もう、力を抜いてミート力を磨く、その1点だけだと思う。事実、昨季後半はミート重視で、プロ入り初の猛打賞も記録した。昨季は仁村さん、大島や周平始め諸先輩に指摘された事もあるが、過去3年の経験で危機感と共に本当に腹に落ちたのだと感じている。
秋には立浪新監督から「外野一本。確実な打撃を目指せ」と、方向性が明確に絞られたのも良かったと思う。イチローも通ったトレーニング施設・ゴールドウイングでは身体の使い方を今一度見直し、今までより力を抜いて強い球を投げられるようになったというし、小山代表からは「大文明開化。70%アップした」と太鼓判ももらった!
このままミート力を磨けば、今季は高い三振率やゴロ率が改善されて、ライナーやフライを打つ率が高まり、たまに長打、という風に改善され、ネオ根尾を見せてくれると思う。楽しみです!

昨年ように根尾に1枠与える必要はない。
今年は、根尾、岡林、ブライト、鵜飼との競争を勝ち抜いてそれぞれが力を発揮してほしい。
石川、石垣も含めバンドで活躍する姿が早く見たい。

ポテンシャルが高く注目度も高いがために、指導する側にとっても難しい選手なのかもしれない。
フルスイングなのかミート狙いなのか、ポジションをどうするのか、一貫して一つのことをやらせるのか色々やらせるのか、等々。
昨シーズン時点では空振りしたときに大きく体勢を崩したりしていたが、福留選手がプロ入り2〜3年目頃まで苦悶していた姿と重なる。まだまだ苦しむかもしれないが、自身で必要な助言を周囲に求めて少しずつ理想の選手像に近づいていってほしい。

とにかく、根尾君の課題は打撃なので、去年の秋季キャンプで監督や打撃コーチから指導された事を、ちゃんと自分のモノにして欲しいですね。で、仮に今シーズン開幕一軍並びに開幕スタメンを果たせなかったとしても、落胆する事なく二軍で頑張って結果を出して欲しいですね。地道にコツコツと頑張れば、いつか必ず根尾君の努力や頑張りが報われる事を信じています。

入団時は2軍で競争させるようなレベルの選手ではない、なんて声もよく上がっていたが
2軍で競争させずに遊撃を与えて好きなようにバット振らせていたらてんで育たず4年目になってしまった。当然土台が出来てないのだから1軍に上げてみても結果なんて出るわけもない。
野球太郎とか聞いたこともないが、根尾の身体能力が高いといっても大谷のスケール感は別格。プロは甘くない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる