MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

ドラゴンズの補強が機能していた頃の記憶

ドラゴンズの補強が機能していた頃の記憶と言えば星の監督政権期の李宣サムソンの韓国三銃士マで遡る星野監督はその広範囲のパイプラインから落合初め関川、西本、タイロンウッズ等々優勝に直結する効果的なまさに補強をしていたが近年はどうだ、他球団の片落ちを恵んでもらうレベルに過ぎず、大野、谷本、多村等優勝請負人どころか、ただ引退の花道を飾れればいい程度の片落ち見切り品ばかりに無駄金を費やしている。安物買いの銭失いの責任を取るべくチーム編成にガサ入れが必要だろう。優秀ならブライトでなく正木をドラ1獲得又吉を餌に大物柳田、松田更には柳町、純平あたりを即戦力補強出来ていたはずやチーム存続を危ぶむほどの失態続き、この責任は大きい
戦犯は立浪ではないしかし、この件をうやむやに結果を出せなければ戦犯は立浪となるのだろう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる