MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

梅津が、怪我しなくなれば1年間ローテーションを守ることができるかもしれない。

梅津が、怪我しなくなれば1年間ローテーションを守ることができるかもしれない。そうなれば、先発陣として大野、柳、小笠原についで4人目となる。ここに、福谷、ロドリゲス、勝野、清水、山本、松葉、高橋のうちから2人入ってくれば、一週間のローテーションが決まる。実績のある先発候補の福谷とロドリゲスを入れれば、6人となる。これは今までなかったことでもある。

年間を通じて怪我をしないこと、更にコントロールを安定させる。
そんな新フォームを完成させることが出来たら素晴らしい話しだが。
野球解説者やOBの面々が認める潜在能力を秘めているのだから、彼が本当に戦力の一員に加われば竜の投手陣は益々強力になれる。

ドラゴンズで飛躍が期待される若手でいの一番に名前を挙げられるのは梅津だ。

梅津が計算できれば本当に心強い!

いかんせん怪我に弱い。
フォーム改造と共に、1年間投げ抜く怪我のしない体も作ってくれ!

この時期の風物詩のように未だに期待するファンも多いな(もちろん、自由なことだけど)。フォームも大事だけど、梅津は実戦経験が無さすぎだ。メンタルや引き出しは試合を重ねることで鍛えられるのに、それ無しに、あるかどうかも分からんポテンシャルで期待する気にはならない。好青年だとは思うけど、ひ弱すぎではないか。コーチの指導や起用方法を大幅に見直すべきだと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる