MENU
ドラゴンズの試合中継を無料で見るにはこちら

阿部がキャリアハイに近い結果を残せば、二塁手は阿部で確定となる

阿部がキャリアハイに近い結果を残せば、二塁手は阿部で確定となる

逆に今年のような成績ならば、来オフには相当厳しい事が待っていると思う

とりあえず、現状は二塁手候補の一番手であると思うが、結果は求められると思う

打撃不振だった選手にとっては、新しいコーチの指導は新鮮でしょう。阿部は同じ右バッターであるノリさんの指導で復活できるといいですね。

阿部が外野をやるとすれば、石川、高橋が二人ともしっかり結果を出したケースだと思うが、
その状況で内野の控えに回すんじゃなくて、外野で使うオプションを考えている時点で、立浪監督が阿部を高く評価しているのがわかる。

今年は阿部、周平、京田、平田と主力といわれるメンバーはことごとく情けない結果だったね。

平田は置いといても他のメンバーは今年ダメだったからもうダメって訳ではないから特にそこそこ飛ばせる阿部と周平は来年が本当の勝負でしょうね!
京田も下げられてびっくりとか、びっくりする事言ってないでそろそろ打つ方で結果を残して欲しい!

もしダメなら取って変わると思って、とにかくまだ老け込む歳でもないんだから期待してるし頑張れ!

>「右打ちがダメなわけではなくて、困ったときに右ばっかりを狙ってしまっていた。まずは強く振れるようにしたい」

良いところに気がつきましたね。そう、相手は阿部選手が困った時には必ず右打ちしてくるのを見透かして内角に威力あるボールで攻めてきていました

来年は阿部選手が相手バッテリーの攻めを見透かす形で内角のボールを引っ張り豪快に振り抜き痛打を浴びせる場面を見たいです。そうやっていけば相手もある程度怯みます

そうなれば十八番の右打ちの出番で相手をもっと追撃できます。何とか相手になめられないようにリベンジしてください。

今年はダメだったけど、普通に考えたらまだマスターを超えるセカンドは、今のドラゴンズにいないような気がする。外野もやるようになったら他チームだけど亀井のような選手になっていくかもね。

阿部が外野も練習してるのは、周平と石川をサードとセカンドで同時に試合に出すことを想定して、そのときに阿部をスタメンから外すのが惜しいからでしょうね。それだけ阿部のバッティングは期待されてるという証でもある。

この人も、栗原・村上・パウエルの
ボンクラコーチトリオの放置プレイの、
被害者で終わったシーズンだった。
体格の大きい阿部に軽いバット。
木下には長いバット。
中村紀コーチが面白い企画を生んでいる。
どんな化学反応が生まれるのか期待したい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる