「守備がイケるなら内野、打てるなら外野」という言葉は、暗に答えを示してますよね。

「守備がイケるなら内野、打てるなら外野」という言葉は、暗に答えを示してますよね。
内野は守備力が重視されるから、今のままでは使えない。もう一方で、打てるようにさえなってくれれば、外野の守備は問題ないから使うよと言ってるのです。
つまり現状の根尾は、内野手としては攻守ともに不合格。外野手としては守備は合格、打撃は不合格ということです。ならば打撃を磨き、外野手に専念する方がレギュラーへの近道。

今季は外野を守り、何度か本塁で刺殺した。相手チームも根尾の肩の強さを警戒してか、本塁に突っ込ませなくなった。現在中日には、肩が抑止力になる外野手がなかなか見当たらない。大島の年齢的なことや新外国人の力量が使ってみないとわからないことなども考えると、外野手のほうがいいかな。打撃に絞って力量をアップしてほしい。

外野か二塁手のどちらかな。
遊撃手に関しては今の成績ではありえないだろう。根尾も日々成長してるかもしれないが、京田の打撃も立浪は成長感じてるみたいだし。
京田をよほど上回る打撃と守備がないとポジション奪えないでしょう。

根尾は足も速いし肩も強い
広いナゴヤドームでは外野の方が活きると思う

大島をレフトへコンバートできるくらいになれば最高なんだけどね

もちろんその為には課題の打撃を磨くこと
守備位置だけじゃなく、打撃もどういう打者になろうとしてるのか悩んでいる印象がある

その辺りは、立浪監督と紀洋コーチの大打者コンビが見極めていく必要がありそうだ

外野も熾烈な競争になっている。同じ年頃の伊藤、岡林、キャッチャーからコンバートを狙う郡司、アリエル…いい意味で言えばチーム内の競争は個々の力量アップに繋がるが枠は限られている。力が無ければ脱落するのがプロの世界。根尾にはレギュラーを掴み取ってほしい。
個人的に根尾、石川が打線の中軸として活躍する姿を勝手に想像しワクワクしてた自分がいます。幻想で終わってほしくありません。中村コーチの評判も上々のようですしまずはバッティングでアピールして本人が言う「1年間1軍」を目指しガンバレ!

ポジションを獲得して、レギュラーに定着してほしい!決して力が無い訳ではないのだから、来シーズン、ロッテとの交流戦の時は、藤原選手と共にレギュラーでバリバリ活躍してる形で、再会してほしい!

まぁ遊撃根尾を見たい気持ちはあるが、あの肩は確かに捨てがたいな。大島の次のセンターが育ってない今次世代のセンターとして鍛えるのもありだと思う。

根尾君のショートへの熱い思いは、ファンとして理解していますが、今根尾君が置かれている現状を見ると、来シーズンからは外野手に専念して、福留さんコースを目指して頑張って欲しいです。福留さんも、外野手に転向して佐々木恭介打撃コーチとの出会いがあって花開きましたからね。で、根尾君の場合は、森野打撃コーチと中村紀打撃コーチですね。

プロは厳しいね。

あれだけ入団前に騒がれた根尾でさえ、なかなかレギュラーを取れない。
というか、バッティングが全然だね。

まずは、ソコソコ打てるようになって欲しい。

京田の打撃がよければ

根尾君はやはり外野だろうな

まずは 打撃の 適応を 優先するしかないな

頑張れ 若竜 戦士達

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる