普段なら「管理野球再来!」って騒いで、上がりのコメントを添えるところだけど、落合博満が抜けて以降、ぬるま湯プロ野球団と化した中日ドラゴンズだから、このくらいの管理は必須なのかもしれない。

普段なら「管理野球再来!」って騒いで、上がりのコメントを添えるところだけど、落合博満が抜けて以降、ぬるま湯プロ野球団と化した中日ドラゴンズだから、このくらいの管理は必須なのかもしれない。

この令和で何を古臭いことを…
なんて思うかもしれないけど、今のドラゴンズには本当これくのルール改革してもまだまだ。やっとぬるま湯から上がっただけなくらい。

ベテランや今シーズンスタメンにいた選手も含めて少しは危機感持ってピリッとした秋季キャンプになりましたね。

この空気感が耐えられないならどんな選手でも出ていってもらっても構わない。ドラゴンズファンはそれくらいは思っている人も多いと思う。
それくらいここ数シーズン勝っても負けてもなまぬるいベンチ感が嫌だったと思う。
木下選手の追悼試合とその後の数試合くらいかな?この試合・このプレーに!って気迫感じたのは。。。

新庄ファイターズが真逆みたいな感じですが、
基本的には立浪監督も優しいし周りのコーチ陣も選手寄りな人達ばかり。
やることやってやった分だけ返ってくるってことを知っているコーチ陣だから選手達も信じて応えて欲しいですね。

『いい大人に対して…』とは思いますが、
こんな事を言わなければならない状況が今のドラゴンズなんだと思います。

意識改革の分かりやすい形 として使ったのであって、管理するとかの事じゃ無い。

以前の“強竜ドラゴンズ”になって個々が自覚を持てば、いちいち身だしなみを問われる事は無くなると思う。

個人的には個性を活かした茶髪や髭の選手は好きです。
しかし実力が備わっていないとプロである意味が無いですから。

「古臭い」ではなく、、、

くだらないことかもしれんけど、勝ちたい気持ちがあるかないか、選手のやる気度合いを試してるんやと思う。

チームとしての決め事を、守れるか、そうでないか。

試合中キツイときに、こんなくだらんことでも「犠牲にして頑張ってる」と思えば、何苦楚魂がでてくる。

幸い文句言わず、キャンプ前に整えてきたってことは、当たり前だけど「そんなことより勝ちたい!なんとかしたい!」と思ってくれてる選手たちだと思うから、非常に楽しみです。

まぁ、それで、来年結果出した選手には、そんな固いこと言わないと思います。

マスターの印象が強くて、
祖父江が髭を生やしていた事を忘れていたよ。
まずは、選手が一丸となって、
心機一転野球に打ち込む事ですね。
立浪監督の元、
来シーズンは、今までと違った中日が観れそうな気がします。

あとさ、監督も重々言っているように「ちゃんとあいさつ」ね。 初日にコーチ陣が自己紹介と挨拶してんのに無反応って。
宜しくお願いしますって目上のコーチ陣が言ってんだからやんと「宜しくお願いします」って返してよ。

最初に挨拶&身だしなみから
拘りを入るのは今の中日に良い事。
立浪監督の解説時代に中日ベンチ見て
ゲームに戦ってないのが
凡打した後とか悔しさを示せず
淡々となんとなく野球してたら
そら負け癖が付くわな。
だから野球で飯食ってる以上
野球からちゃんとやってよ!と
言う意味での立浪改革かなと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる