ノリさんは手首の故障に苦しんでからは本塁打は減ったけど、それでも手首の柔らかさは健在で選手後半は手首を上手く使って技術で右方向へ押し込んだりする打撃をよくしてた。

ノリさんは手首の故障に苦しんでからは本塁打は減ったけど、それでも手首の柔らかさは健在で選手後半は手首を上手く使って技術で右方向へ押し込んだりする打撃をよくしてた。

手首の使い方で広角にも打てることを目指すような指導もしてるのではないかなと思う。
ノリさんにとって、ようやく叶ったプロでの指導者。立浪監督のおかげでなれて恩も感じてるはずだし、指導できることも気持ちが良く熱心になるんだろうね。
現役時代のトラブルも首脳陣やフロントとの意見の食い違いで起こしたことはあっても、元々ファンや後輩には優しく大切にするような人だった。

中村紀さん、若い人を教えるのは新鮮でしょう?身体作りから鍛えて主軸打者に育ててあげて下さいね。私は内野席でビール片手に観戦してましたが、大阪ドームのレフト3階席まで大ホームランをかっ飛ばしたのを昨日のように覚えてますよ。そんな凄い打者に育てることが出来ればコーチ冥利に尽きますね!頑張って下さい。

YouTubeでノリの打撃指導を観た事あるけど
恐らくバットのヘッドが下がらない様なスイングが
出来る様に手の握りや振り方を教えたのかな?

だとすればその前に、今までのスイングも見てるだろうし
下半身について褒めてるから、前のコーチを否定したのではなく
補う形でのアドバイスだと思う

来期が凄く楽しみだね

上質な下半身に意識し過ぎていたからこそ、
手の動きや上半身を意識させた指導をしたのかな?

打撃のバランスを見極めるって超一流だから為せる技。

石川選手の覚醒が楽しみ。

石川昂弥が言った今までとは真逆とは高校時代の教え方なのか、去年のまでの二軍コーチの教え方なのかわからんけど
まぁ、ノリコーチが打撃コーチになったので、その教えられたやりかたで秋季キャンプ挑めばいいと思う。

先ずは知識や理論を身につける事ですね。
その為の指導はとても大切だし、若手も積極的に指導を受けてもらいたい。
その中で自分に合うものを見つけてほしい。
この時期だからこそ視野を広げて色々な事に取り組んでほしいし、能力アップを図ってもらいたいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる