明らかに新しい風が吹いている 期待しかない

今年の春キャンプ、ドラゴンズは帽子もかぶらずヘラヘラ笑いながらすごし、オリックスは帽子をかぶり真剣にノックやバッティングをやっていた。こんな与田ドラゴンズが優勝を目指すと公言してが出来ないのは確信していた。コメントもした記憶があり。
秋のキャンプは、帽子はかぶっていた。ニヤニヤはだんだん減っていけば、期待できる。

期待しかない。
最近、最強だった落合政権時代の過去画像をよく見るが、やはり打つ時は打ってるんだよね。
強烈なヒットを。二塁打クラスをここぞと言うチャンスでね。

立浪監督の新体制、良いかなと思います。身だしなみ、挨拶の徹底、原点に戻り一からチームを作り上げる姿勢があります。厳しさと優しさを兼ねた指導体制で中日ドラゴンズを常勝チームにしてもらいたいです

新庄と立浪を対比するメディアが多いですが、強くなる、試合に勝つ方法は一つじゃないですからね。
名将と言われたノムさんと落合さんは意見が食い違うことも多かったようですが、お互いの良き理解者でもありました。

あらためて、新庄流のやり方、立浪流のやり方、等々来年のプロ野球はチームに個性が出ておもしろくなりそう。他のチームも中途半端よりこうやって白か黒はっきり個性出すの希望

選手からしたら自己管理の日ハムより中日の方が監督の言うこと聞いてれば良いだけだから楽そうだな、この管理が自己管理不要となって逆に選手の甘えにならないと良いのだけど

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる