OB岩瀬仁紀が2021年の中日を総括

「今の中日打線で一番根性が入っているように見えるのは、ピッチャーの柳ですからね」

ホントにそう見えます。
若手はともかく中堅以上は全く気持ちが入ってないように見えますもんね。
来年は全員が危機感を持って真剣に勝負に拘った1年になることを祈っています。

立浪さんには色々噂や報道もあるが、野球に対しては真面目だし、本人の苦言通りヘラヘラした雰囲気ではなくベンチがピリッと締まるのは間違いないだろう。それが今の若い子にどう影響しどんな結果になるかは来シーズン終了後にしか分からんが、中日にはやはり星野監督時代みたいに戦う集団でギラギラしてほしい。
立浪さんならそれができる。
今がどん底なんだし、それくらいやってもいい。ファンも戻ってくるんじゃないか?

与田は監督向きではなかったということだろうな。
セパ問わず優勝チームの監督は厳しさを持ってる人が殆どなように思う。
与田についてファンが語れば、二言目には良い人という意見が出てくる。

負けているのにベンチで笑顔が見られる

与田監督含む首脳陣への批判ですね
あとチームを引っ張る立場である
キャプテンの高橋周平選手にもかな
負け癖が付いてやる気が無い様に見える
雰囲気を許してるんじゃ勝てるわけない
結果出している投手陣は
たまったもんじゃないでしょうね
来季は立浪新監督になります
ベンチの雰囲気はガラッと変わるでしょう
当然キャプテンも変わると思いますが
やれる選手は木下選手くらいかな?

これだけチームのことをよく見ていて、本当の意味での愛の鞭を使える岩瀬氏。
本人が今はまだ外で勉強したい、と考えているかもしれない。
ただ中日フロントは人格者でもあるこのレジェンドを、三顧の礼で手厚い待遇を用意してオファーすべきなのでは?
格としては投手チーフコーチ、ヘッドコーチ、監督にしたい、とならざるを得ないところではあるが、そうなると今の中日では指導者としての寿命が短くなってしまう。
可能であれば、長く、チームの復活に向けて尽力してもらいたい御方。
投手チーフコーチにはコーチ経験豊富な方を置いた上で、一軍投手コーチ、欲を言えばブルペン担当からやっていただく。
言葉と待遇を尽くして、依頼すべきなのでは?

立浪さんが負けてるのに笑ってるの有り得ないって言っててその方が監督になる。ベンチの空気は一変すると思います。
完全試合リレー日本一の試合、投げれるのに余計な気を使うなって岩瀬さんの本音が出て面白い。

与田は、選手に対して甘く優しすぎた。
バントを失敗しても気にするなみたいな
失敗した選手の肩を叩きに行ったり。。
星野だったらベンチを蹴り上げてたに違いない。
昔も今も勝負に対しての厳しさは、変えては、いけないし
今の子と昔とでは、と言う意見もあるが勝負に対しての気迫
厳しさは、絶対必要。じゃないと見ているお客さんは、
しらけるし観客が入っていないのが答えじゃないかな?
新入団した選手に7番やら19番の背番号?
どん底から這い上がってその栄光の背番号を
つけてほしい。始めからチヤホヤさせすぎ。

「負けていてもベンチで笑顔がみられる。」
本当、この一言に尽きますね。
負けていて、ベンチで悔しそうな表情をしてる選手はほとんどいませんからね。
ヤクルトや阪神なんかを見てると、全員が悔しそうな表情をしています。
後、声出しもできていない気がします。
他のチームは、うるさいくらいに声が出てるのに、中日はそれほど声が出ていません。
特に、今年は観客が少なく歓声もありませんから、余計に目立つ気がします。
打てる打てない以前に、こういった根本から意識改革をしないと、再建なんて夢のまた夢だと思いますね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる