郡司が4日ぶり2号2ラン!左翼ポール直撃

ハッキリ言って大学4年時の打撃でいえば正木よりも断然郡司。郡司の外野にコンバートが実現すればブライト・鵜飼・正木を総獲りした以上の価値がある。
というか、2位で正木をスルーして鵜飼を指名したということは、同じ慶応の先輩と同じポジションを争うのは避けなければ学校側を怒らせる、という配慮じゃないのかと思っている。

郡司は今日は捕手ではなくサードで出場。
フェニックスで打撃好調なのは他に打率.389の山下(今日はファースト)。
郡司は率はまだ低いが四球もとれていて既にホームラン2本目。

郡司はバッティングを活かすためにコンバートしたほうが良くないか?
キャッチャーは競争相手が多すぎる。
二軍の試合でサードを守ることも多いが、内野より外野のほうがチャンスは多そう。
真剣にコンバートを考えては?

彼の良いところは選球眼。
あとはミスショットを減らせば来年の開幕一軍が見えてくる。
捕手に拘るのであれば埋もれていくだろうから、この秋で自分に踏ん切りをつけて打撃で生きていく覚悟が出来るかかな。
そうなれば外国人の補強よりも費用対効果もある。

立浪はYouTubeで「正捕手は木下」って言ってるし、石橋も居る。ベンちゃんみたいに肩が弱いけど獲ってからの素早く正確で綺麗な送球で外野として打力を活かしてほしい。

外野でも三塁でも守れるならキノタクが疲れやすいからすぐに交代できるし、周平も今年のような活躍ではレギュラー剥奪される可能性大。

捕手では木下が実績を作ってしまいました
一軍の試合に出るのは二番手三番手となってしまい出場機会は少なくなってしまいます
打撃を活かすために外野手との兼任でもいいんじゃないでしょうか
一軍の試合でしか得られないものもあると思うのですが
本人の気持ちはどうなんでしょう

郡司選手は、慶応大学で三冠王を取っている打者だけに早く一軍に登用して欲しかった。
ただ捕手だけに木下選手と常に二人の予備がいて、なかなかチャンスが来なかった。
若手には石橋捕手も期待出来るから、郡司選手は打力を生かす為にコンバートした方が活躍出来ると思う。
ドラゴンズは、大島選手以外は外野が空き家状態だから郡司選手の打力ならスタメンも可能性が十分あると思うよ。
新監督の元、期待しています。

木下が大きな怪我でもしない限り、昨年までのような横一線のポジション争いはもうない。ルーキーイヤーが最大のチャンスだった。サブも今季の実績だと桂。捕手は常に争うようなポジションではなく、実績が信頼を生み次第に不動になる。来季、もしチームが躍進することがあれば、更に木下を外せなくなり、木下で勝つようになれば、完全に終戦となります。郡司が今の木下に勝てるとしたらバッティングしかないと思います。コンバートしてバッティングを磨くか、キャッチャーのスキルを磨くか、どちらが成功への近道なのか早く見極めた方がいいと思います。

素人ですが、郡司のバッティングでトップの位置から、力が入ることなくスムーズにバットが出てくるところが大好きです。
キャッチーとしては肩が弱すぎるので、バッティングを活かすために外野にコンバートするのは大正解だと思います。
外野に郡司が加われば、来年のルーキーを含め、若手の外野の層が非常に厚くなるでしょう。競争すればするほど、相乗効果で1軍で活躍する選手が出てくるのではないでしょうか?
楽しみになって来ましたね。

郡司選手の打撃は魅力ありますね。
捕手を3人体制にするなら、普段は郡司選手はサードか外野で出場して、キャッチャーに代打出した後とか緊急時にマスク被るようにすれば良いと思います。打てない捕手に余計な枠使う必要無いし、空いた枠に中継ぎを増やしてもいいですし。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる