入閣予定者の名前を見ていると、良い方にも悪い方にも転がりそうな状態ですね…。

入閣予定者の名前を見ていると、良い方にも悪い方にも転がりそうな状態ですね…。

片岡側に転がる場合と井端側に転がる場合とで未来が真逆になりそうな気がする。

立浪片岡タッグで大失敗して倒閣したとしても、井端政権が成立する未来があるから、そういう意味では遅かれ早かれ中日の未来は開けてるような気はする。

ただ、今の若手が若手のうちに、彼らを育てられる人と、上手く使う人たちが揃えば、今年のヤクルトのようにチーム状態が一気に変わることはあるかなとも思う。

いろいろな名前が出てるけど井端はまだ入閣の話がでてないね。
巨人復活とか稲葉が監督就任する日ハム内定とかの噂もあるけど・・・
立浪が誘えばなにより優先しそうなんだけどね。

つくづく思うけど実績も経験も豊富な伊東ヘッドの役割は何だったのか…機能していたのか…監督との繋がりは無く与田に無理やり付けただけで、ファンからすると良くても悪くても見える野球をして欲しかったです。
チャンスの場面でも監督やヘッドが出て来てアドバイスするシーンは全くありませんでした。この人達には意気を感じるチーム作りは出来ないと思っていました。
補強が無いとか言うけど選手の能力を引き出せなかったベンチの問題です。
叱られも監督の為に頑張る、監督に喜んで貰う為に頑張る!
立浪監督にはそんな姿を期待しています。

今どうしても井端が必要か、というとそうでもない。宮本でもいいのではないか。宮本なら長期ということはなく、2、3年でヤクルトに戻ると思われる。井端は立浪長期政権の後半でもいいのではないか。宮本に基礎を固めてもらうということでいいのでは。立浪監督でダメならもう無理でしょ。中日のもっている可能性の全てを、この数年に集約する必要がある。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる