巨人 球団史上4度目の10連敗

投手出身の監督のくせに相変わらず投手交代が下手くそすぎ。
負けられない戦いの中、中5日で初回から跳ばしてきた森下は次の登板も見据えて、点差もあり余裕のある6回で降板。もしくは最悪でも松原に打たれた所では確実に交代だっただろうし、左の丸を抑えた森浦もワンポイントで代えて絶対に勝つという攻めの姿勢を見せてほしかった(まぁ次に投げる信頼をおける投手がいない実情もあるが…)
結局は栗林がセーブのつくシチュエーションで登板し、疲労も蓄積してそうな中で辛くも逃げ切っての勝利。
ホントここに来て首脳陣の不甲斐なさをカバーし、選手の頑張りで勝ってきている選手たちの力はスゴイ。

もっとあっさり負けてしまうかと思ったけど、最後の最後まで追い詰めたね。
ただ、序盤の大量失点があまりにも痛かったな、、
これでジャイアンツが貯金でシーズンを終えるには残り4戦を全勝するしかない。打線がようやく上向きとはいえ、かなり厳しい現実だね。
それに、カープがついに3ゲーム差まで迫ってきたよ。

栗まじでよく抑えた。
お疲れ様!
後味悪いがそんなことよりも勝ったことがかなりでかい。
よく守りきった、お疲れ様!

カープファンだけど、ウィラー選手、凄いと思った。
チームの重い空気の中でもずっと気を吐いてて、あのファインプレーから流れを変えて1点差まで迫ることが出来たと思う。
本当に良い助っ人だな。敵ながら天晴れ!
巨人も打点が繋がり始めたからカープが下克上するのはさらに困難になるけど、
今のカープは決して不可能じゃない。シーズン終盤に面白くなってきた。

6回で森下を交代させないのはダメ采配だとか結果論コメが多いけど、6回80球ちょっとであの内容。
逆に代えてこうなっていたらダメ采配コメ爆誕してたんだろうね。

私は7回も森下で行ったのは間違いないと思う。
ただ、満塁になる前に変えた方が良かったのかと思うが森下の6回までの状態見たらブルペンが準備できてなかったのかなと。
指摘するならどんな場面でも故障もあるし準備を早めにってのは必要だと思う。
これは、投手コーチなのかブルペンコーチなのか>

あとは栗林は大丈夫なんだろか?
何事もなければいいけど、逆転CSに向けてもだし来季以降もだし無事であってほしい。

これは面白くなってきましたね^_^
楽勝かと思ったけど佐々岡監督の采配が怪しくなってきた(元々だけど)のは今日の試合の印象
結果的には9回の上本の守備が効きましたね♪

まさかのCSへ大捲りの可能性が出てきたけど最後に裏切られるのが今年のカープ…期待は禁物ですね

でも期待したくなっちゃう
後半戦ずっと消化試合みたいだったんで今の状態が嬉しい^_^

途中まで地上波見てたけど、なぜ森下を引っ張る?
なぜ誠也を変える?
クライマックスが見えてきた中で、負けられない戦いをしたいのなら、やはりそれなりの采配をしろ!

やはり、佐々岡は監督には向かないな?

クライマックスに行こうが行くまいが、来年は監督変えてくれ。

もっと勝ちに拘る監督を呼んでこい!

メッチャヒヤヒヤ。プロは結果が全てだから勝つに越したことはないが、内容は酷い。
中5日で森下を投げさせて、この後も中5日で投げさせる予定なら8-0なんだから、6回終了の時点で交代だろ。7回投げさせるにしても、ウィーラーにホームラン打たれた後か、その後2連打された時に早々に交代させるべきだろ。そうすれば栗林投げさせる展開にならなかったと思う。栗林も6回まではまさか自分が投げるとは思ってなかったのでは?9回表の攻撃もチグハグ。
圧勝の後は緊張感がなくなるからか、負けることが多い。その点では接戦で勝ったことは良かったと思うしかない。

楽勝ムードから一気に1点差。どうなることかと思った。が勝ちは勝ち。この1勝は大きい。栗林投手は大丈夫でしょうか…
とにかくがむしゃらに頑張れカープ!!

カープの若者達とジャイアンツのおじさん達の勝負だけど、どちらに魅力があるかは明らかでした。ジャイアンツは常勝を求められる体質なのは分かるが、FA・トレードでの入れ替えをやめて、松原のような育成にシフトすればいいのに・・・。
補強によって一時的に戦力アップするが、数年たてば一気に高齢化するばかりでなく、若手の経験・成長・育成を阻害することに気付いているのに気付かないフリをしている。
カープはMVP丸が居なくなった一時的な穴はとてつもなく大きく、長野や外野に転向した西川では埋まらなかったが、今ではセンターを打撃・走力に魅力がある宇草、守備・走力に魅力がある大盛、故障離脱中の野間で争っている。
来年以降はこれらの若手に外野守備に中村奨も慣れてきたら楽しみは倍増する。
ジャイアンツにも期待の若手は多いはず。原監督周辺の首脳陣だけの問題ではない気がします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる