志らく 中田翔批判のツイート削除に「ドラゴンズ愛が強すぎて…」

批判するのなら最後までやらないと。これでは圧力がかかったから止めたと言っているようなもの。いい大人が情けないと思わないのか。

「中日は優勝できなくても、こんなことはしません」みたいなこと書いたんだっけ。
ここに、「したくても、できないんですけど。いろんな事情で・・」みたいなことを加えたら良かったのに。

言っていることは、道義的に正しいよ。道義的にはね。

このご時世に暴力行為を行った選手をすぐ出せば批判されるのは当たり前です。
さらに活躍しちゃったばかりに更に批判に拍車が掛かってしまいました。間髪入れず寄付行為など読売系列が報道した事で更に拍車がかかってます。もう少しやり方があったんじゃないかな?と思います。

この人は辛口コメンテーターとして、ワイドショーに出ているけど、ただ批判しているだけで論理的思考や信念がない。
だからオリンピック反対を声だかに叫びながら、始まったら活躍を喝采していたことに対して、私も大人ですからと訳のわからない言い訳をしていたな。
テレビ局にとっては使いやすい人間と言うことでしょう。

貴方の言い分が通じるのであれば、誹謗中傷は存在しない。相手に傷つくことばを浴びせても「これは私の癖」「愛してるから」で済むんだから。噺家のくせに言葉も選べないのか?

今の世の中を考えると、アンチが言ってたようなことも、くたばれ○○みたいなものも許されなくなってるんじゃないかなーと思う。くたばれとか言ってる人達が中田翔をごちゃごちゃ言ってるのも滑稽だなと。力の暴力も言葉の暴力も同じですから。

それこそ嫌味的なことすら。

今回の件に限らず、問題を起こしてしまうことはあるわけですが、筋が通らないことをするから叩かれるわけです。

移籍する前に、球団代表と監督と本人が事の経緯を説明して謝罪会見をするべきでした。
仮にトレードに出すとしてもそれはシーズン後の話であれば、ここまで反感を買わなかったと思います。
今シーズンが終了するまでは所属させて、出場停止を継続させるべきだったと思います。

野球協約に、移籍した選手に関しては前所属球団が処分を解除したらその日から出場登録が可能とあります。
ルール上は問題ないようですが、それでは何のための処分だったのかと言うことになるので、ルールを作り直す必要があると思います。

巨人に移籍しても日本ハムが独自で出した処分が継続するのは何か違うし、一軍の試合に出場出来るかどうかで判断するのは間違っているとは思いませんが、美談仕立てに操作されていることはおかしいと思います。

一連の経緯に物議をかもすのは良いが、志らく氏の場合、巨人批判を矛先に向けたのが、誤りであったと思います。
日ハムのチーム内で起きた不祥事で、出場停止処分を課したのも日ハム、巨人にトレードを持ちかけたのも日ハム、しかも頭を下げて頼み込む形で。
出場停止処分を解除したのも、巨人ではなく、移籍前に日ハムがした事。
つまり、巨人が批判を受ける道理は微塵もありません。
志らく氏は、出場停止処分を解除したのは、巨人ではなく、移籍前に日ハムがしたという詳細を知らずに、憶測で、ここぞとばかりに巨人批判をしたのだと思います。
これでは、詳細が明らかにされていない時に、憶測でセンター試験の試験官を批判したどこぞの脳学者と変わらないと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる