後半戦のリリーフに三ツ間使える目処

昨日現地で生観戦してきました。三ツ間投手が2イニング抑えベンチに戻る時、腕を天に挙げたのが見えました。あれは木下選手へのメッセージだとすぐに気づきました。
前半戦は出番がありませんでしたが木下選手と同じ育成出身として彼の分まで後半戦は頑張って下さい!

昨日のピッチングは良かった。
そりゃ、そうだ。
弱気なピッチングなど見せれないよな。

毎年期待の選手として名前は上がるし、力はあると思うけど一つ壁を超えていかないと今年も厳しい。

打線・野手陣が相変わらず、お寒い限り。
この中断期間中、何を調整・修正してたのか?
惰性でやってる選手も、指導しないコーチも、
全く仕事してないのと同じです。
7年連続Bクラスの低迷期には、
8月・夏の大失速が恒例でした。
中断前の7月に嫌な連敗も有ったので、
今年は夏の大失速が復活しそうだ。

今だに井領や武田に未練タラタラの与田では後半戦も期待出来ません!

投手は問題ない いくらでもいる
故木下氏に感化されて今ごろ雑草魂だと言っても、じゃ今まで何してたのかと言いたい

七夕みつまた、まだいたのかよ。こんな奴が、リリーフの切り札だってよ。何の根拠があるのか、説明してほしいわ。もうクビの皮一枚だろうよ。負けてる場面で抑えたとこで、何の役にもたたんわ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる