問題は京田に危機感がないこと

問題は京田に危機感がないこと

 

京田の様子を見ているとスタメンを外されても

 

おちゃらけている

 

正直、危機感を持っているとは

 

とても思えない

 

考えすぎて負のパワーがでるのはまずいが

 

あまり危機感が無いのも

 

成長がないので心配である

 

 

 

 

 

打撃の実績・数字だけではない。
凡退の内容が悪過ぎるのだ。
走力のある左打者。二塁打を三塁打に変える俊足。
なのに、あっさりとしたフライアウトや、
引っ張り専門のような、一ゴロ・ニゴロを繰り返し
ストライク先行の投球をされて追い込まれると、
あからさまなボール球を空振りする。

 

 

 

京田は数字だけ見れば、ショートを1年しっかり守っているしこんなもんかと思うけど、必要以上に叩かれるのは、打撃の内容が悪すぎるから。甘い球を見逃し、クソボールを盛大に空振り。追い込まれてからワンバウンドのボールを投げると、十中八九空振りしてくれるから、相手としてはこれほど攻めやすい打者はいない。数字は大きく向上させなくてもいいから、せめて打席で工夫している姿勢を見せてほしい。

 

 

 

荒木は2001年〜2014年までの14年間で
.250打てなかったのは3回だけ
井端は2001年〜2014までで.250打てなかったのは2回だけ。
京田も最低でも.250は打たないと。
逆に言えば.250未満の京田がレギュラーだと中日は優勝争いに絡むのは難しいだろうね

 

 

近年の野球は2番にも強打者が配置されるようになって初回から点数が取れないときついと思う。京田でも根尾でもいいが1.2番に入ってくることがあるなら出塁率だけでも高くないと優勝は厳しい。

 

 

京田は今年が勝負の年なんだろうな。
根尾が成長をしてきて、ようやく京田と勝負できる所迄来ていると思う。
守備に関しては京田がかなり分があるが、打撃に関しては今年根尾に抜かれる可能性はある。ショートというポジションは打撃よりも守備が重要なポジションであるので、今年は京田に分があるが根尾の活躍次第で来年はポジションを取られる可能性はある。
京田は、打撃よりもポカが多すぎる。ここを改善しないとポジションを取られる可能性はある。

 

 

別に打てないなら、四球を選んだり球数投げさせるバッティングなど出来る事はあるはずです

評価が低い理由は淡白なバッティングの内容だと思うけどね

 

 

 

 

 

 

京田が立浪に教えられてもまだ迷っていると言うこと。
同じことを続けて身体に染み込ませる前に、目先のヒットに囚われて率だけ稼ぐマンになってしまう。それを自分でも自覚してるんだな。

これを読むと根尾の連日の激しい練習と努力、同じ事を繰り返し土台を固める力は半端ないと思った。根尾は打てない打席でも、目指すところはブレていない。
守備でエラーを連発しているとき、実は井端グローブを使って癖を矯正してたと聞いた。
地道な成果が積み上がっていくのを感じる。

根尾は自分のこと以上にチームに貢献しようとする姿もよい。何としてでも打点に絡んでくる。その姿が京田の刺激となり、両方が伸びてくれたらドラゴンズにとって願ったり叶ったりだ。

 

 

 

打率は低くても、相手投手に球数を投げさせたり、最低限ランナーを進める打撃をしたり、打席で存在感を出してくれればいいのだけど、京田はただただ打つだけで率も低い。
立浪コーチ、根尾の突き上げで、変わってくれることを切に願う。
盗塁も増やしてもらいたい。

 

 

打率が低くても粘る事や出塁率が高ければ使うと思う。立浪氏に教えてくれても今までの癖はそう簡単に改善できるとは思えないけどとにかく地道な努力しかないので頑張って欲しい。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる