Twitterはこちら

池江璃花子、涙の復活V

未分類

池江璃花子、涙の復活V

 

 

「まさか、100で優勝できるとも思っていなかったし、5年前の五輪選考会よりもずっと自信もなかったし、自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていたんですけど、勝つための練習もしっかりやってきましたし、最後は『ただいま』っていう気持ちで、このレースに入場してきたので、自分がすごく辛くてしんどくても、努力は必ず報われるんだなっていうふうに思いました」

 

 

―メドレーリレーでの派遣標準を突破した。  

 

 

「予選準決勝でプランが合わずに改善点があるなと思っていたので、57秒台は出ると思っていなかったですし、リレーの派遣タイムも切れると思っていなかったので、すごくうれしいです。正直この100のバタフライは一番戻ってくるのに時間がかかると思っていた種目。本当に優勝狙っていなかった。何番でも、ここにいることに幸せを感じようというふうに思って、最後も仲間達が全力で送り出してくれて、今はすごく幸せです。順位が決まったときもすごくうれしかったし、本当にもう言葉にできないです」

 

 

―リレーでの東京五輪は、大会後の選考委員会を経て正式に決まる。  

 

 

「ものすごく自信がついたレースでもあったので、派遣は切れたけど代表に入れるかは分からないので、自由形もあるので、あと3本気を抜かずに頑張りたいです」

中日ファンcommunity

タイトルとURLをコピーしました