ビシエドOP戦9打数3安打と調整順調

ビシエドOP戦9打数3安打と調整順調

今年のビシエドは3割30本やってくれそうな予感がします。

昨年まではスタンスが広いため、回転しづらく上半身のパワーに頼っていた感じに見えましたが、スタンスを狭くすることで回転や下半身のパワーも使えるので、長打は期待できそうです。

反面、そうすることにより外角低めは弱くなりますが、ノーステップ気味で打っているので、対応はできそうです。

4番はビシエドしかいません。長打力と得点力不足のチームを救って欲しいです。

 

 

私はビシエドの大ファンです。
今年も怪我なく頑張って欲しいです。
東北住みなので今年の交流戦は楽天生命に絶対に観に行きます。

 

 

 

 

今年のビシエドはホームランは減るが、打率は残すでしょう。

左肩のケガの影響で去年までのオーバースイングがなくなったので、確実性は増します。

ツボに嵌まればホームランも出ますが、ムリはしないで欲しいですね。

もしかしたら、とんでもない打率を残すかも。

 

 

 

 

 

中軸は固まりつつあるか。
問題は中軸前のチャンスメイク、
1・2番の出塁だ。
昨季得点がリーグワーストになったのは、
2番打者の打率の悪さだ。
京田は言うまでもなく、阿部も平田も、
大島が入った時でさえ、2番打者で攻撃が
終わったイニングが多い。

 

 

 

 

 

マスター ビッシー 周平

以外が心配で仕方ない。
大島も良さそうだけど
他のメンバー 大丈夫か?

打てないなら セフティーバントしたり
相手の嫌がる事やらなきゃ

 

 

 

長いこと日本にいるけど、まだ32歳なのか。
まだ5〜6年は活躍できそうだな。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる