捕手としての調整は間に合うのか疑問

捕手としての調整は間に合うのか疑問

目次

自主隔離

3/8に初めて来日後の練習を開始した状況

 

チームでの合同の練習はこれまで出来ていない

 

 

 

マルティネスのコメント

「仮に今週中にバッティングできるとなれば、今週中にできる状態。(シーズン開幕に)個人的には間に合わせたい気持ち」

 

「キャッチャーの能力でも競っていきたい」

 

 

 

ファンの声

中日はチーム内競争の意識が強くなりつつあって、近い将来、一気に花開く可能性があると思う。
こういうチームは見ていて応援したくなる。
あとはフロント次第で人気も上がってくると思うんだけどな。

 

 

もちろんキャッチャーとしても期待してるけど、ビシエドの守備解禁までや、ビシエドのたまの休憩日なんかの日の一塁手が武田や滝野では少し物足りないから、アリエルに頑張って欲しい。

 

 

 

24歳って年齢考えたら木下より伸び代あるし普通に逆転すると思う
問題はずっと中日にいるとは限らないとこだよな
10年いてくれるなら正捕手として育成もありだが3年後にいないなら木下でってなりそう

 

 

アリエルを外野やファーストは見たいけど本人がキャッチャーにめちゃくちゃ拘りがあるらしくて、守備力に対する自信を持ってて、守備面に重きを置いて練習してるらしい。
政府からもキャッチャーとして育てて欲しいという約束で契約出来たらしくて…..

 

レフト守れないかな。
今年からアルモンテがいないとなると、現状正直OP戦のオーダーに怖さを感じない。
根尾岡林の成長も見たいけどっていう嬉しい悲鳴だけど、やはり一発のあるという怖さを相手に植え付けたい。

 

 

オフェンスはビシエド欠場時に4番に座った事もあるほどで問題なし。ディフェンスは木下に比べればやや劣るかもだが、ビシエド欠場時にファーストを守る事が出来る強みもある。
木下と共に、一軍戦力として外せない捕手だろう。

 

 

肩は強いし、大きい体に似合わずキャッチングも上手い。調整が間に合えば、十分に木下と争えるだろうし、第二捕手の一番手だと思う。

 

 

 

昨年、一軍に昇格してすぐは打ちまくったが、相手に研究をされたのか途中から打てなくなった

昨年から成長していれば良いのですが、そうでなければ打力に関してはあまり期待してはいけないのかもしれない

 

 

 

 

この人もまだ24でこれから成長株なのでどんな成長を見せるのか楽しみ。中日はキューバとのコネクションは絶対に手放してはいけない。

 

 

与田監督は打撃力だけでは使ってくれませんからね。
捕手ともなれば余計にその考えが深まるのでは有りませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる