京田が「久保田スラッガー(スラッガー)」とアドバイザー契約

京田が「久保田スラッガー(スラッガー)」とアドバイザー契約

 

初のゴールデン・グラブ賞を目指す中日の京田が6日、用具メーカー「久保田スラッガー(スラッガー)」とアドバイザー契約を結んだ

 

 

京田選手!!久保田スラッガーとアドバイザー契約したんだ!
そのグラブ松井稼頭央さんと鳥谷選手も気にっていたんだね!
確かに京田選手は守備の評価はいいもんね!!でも今年は送球がそれるのが目立ってゴールデングラブ賞も坂本選手との差が大きかった!
来年はその新しいグラブでゴールデングラブ賞とって不動のショートになってくれ!!

 

 

プロが道具にこだわるのは当然だが、京田の守備の問題点は捕球よりも送球。昨年の失策数は13だが、それでもビシエドの好捕にかなり救われた数字だと思う。あと、坂本との差は単なる捕球、送球技術の差ではなく、坂本が守備の際にやっている投手への声掛けや他の野手への指示など現場を仕切る野手のリーダーシップとしての振る舞いが京田には決定的に欠けている。失策の数を減らすだけで埋まる差ではないと思う。

 

京田選手の守備の話はいいから、打撃・盗塁の話が重要と思う
守備はリーグ1,2なのに打てなすぎるところがドラゴンズを強くしないところ
せめてバント練習してますの話なら応援します
スパイクはどうしたのかな、バットもアドバイザー契約してもらっているのかな

 

後輩のグラブ使うのは、美談のように聞こえるがプロとしてはありえないと思っていた。
1年間そのグラブ使ったのだからそのメーカーと契約するのはありかもしれないが、
契約金とか絡むし、自分にあったグラブにしてもらえるからエラーも減ることだろう
しかしバットにこだわりはないのだろうか、バットも作るメーカーさんと契約したほうが
京田選手の総合力を上げることに近づいたのではないだろうか

 

昨年、京田はスランプが長すぎだな。誰でも打てない時期は来るんだから脱出する方法は工夫したほうがいい。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる