ソフトバンクが強すぎるファンの声

ソフトバンクが強すぎるファンの声

目次

日本シリーズ第2戦

巨人2-13ソフトバンク

 

ソフトバンク打線が爆発し、巨人を圧倒

 

 

ファンの声

チーム力の差がありすぎると言ってしまえばそれまでの話になるけれど
どの選手も「意識の高いプレー」をしているホークスと
浮足立って「あきらめたプレー」をしている巨人では昨日のような大差
がつくのは、当然の結果と思ってしまいます。
昨年のように「4タテ」して日本一をつかみ取ってください。

 

 

このシリーズは野球ファンの大方の予想を大きく裏切ったね。
大方の予想に反してではなく、大方の予想のさらに予想外の上を言ってと言う意味で

 

 

ソフトバンクは2試合の先発投手が自身の投球に対しての反省の弁を述べても結果として抑えているし、栗原が打率.875でシリーズ男になり、4番のグラシアルが.571と活躍。昨日の選手起用を見ても野手はキャッチャーの海野以外の全選手に、投手も杉山、椎野といった経験が浅い選手に勝ち試合で日本シリーズの舞台を踏ませる采配を見せた。こういうのを見ていると巨人との差は歴然。ソフトバンクが4連勝する姿しか想像出来ない。

 

 

昨夜のNHKBS解説者の宮本慎也氏。
あまりのソフトバンクの強さに「冗談のひとつも言いたいですね、バレンティンがベンチにも入れないのはキューバ勢の2人を見てたらわかります」って、冗談じゃなく本当の事。

 

 

なんか、ベンチの雰囲気などからソフトバンクと巨人の差が現れているというか…このように派手に喜ぶが、積極的に選手に声をかけ合う姿も見られ、そして控え選手も出てきて、その控え選手もアピールしようと点差が開こうと貪欲に戦うソフトバンク、一方でチャンスを活かせず、走塁もどこか緩慢、トドメはエラーして、ベンチの雰囲気は初めからどんよりとしている巨人…高い年俸もらって、変なプライドだけ残ってしまったのか?

 

まあスイープだろうね。巨人ファンだから応援はするんだけど、試合の内容と結果を見て冷静に考えたらそう思えてしまう。去年はまだなんとかいけるんじゃないかとか考えてたけど、どうやら選手たちにももうその気がないみたいだし。適当に負けてさっさと終わらせたいようにすら見える。

 

 

福岡在住のホークスファンです。
怪我していたデスパの復帰で最後のピースが埋まった感じやね。
しかし、1戦目の丸と中村晃、2戦目の大竹と牧原の接触はモヤモヤが残る。野球は観る専門だが、接触後に手を差し伸べるとかしないもんなのかな。

 

 

最後まで全力プレーで勝ち抜きましょう。
そして今年こそ真の日本一になったら、申し訳ないけど少し休んで、来年に向けまた猛練習しましょう。
パリーグの他チームが打倒ホークスで挑んでくるから、ウカウカしていられない。

 

 

例えソフトバンクが強くても 試合始まっても気持ちさえ出てないチームが勝てるわけない。
まぁ野球界を引っ張ってきたチームであることは確かだけど それは過去の産物。
いつまでも それにすがってるOBが良いチームでもあるのに全て壊してる。

人気のセ実力のパ
それを払拭しようと企業努力 リーグ努力してきたパリーグはいまは実力人気共いうまでもない。

セリーグはというと…
どっかのチームに遠慮しながらやってきて
今に至る。
そんなリーグが強くなるわけないやん。

90過ぎのジジイがいつまでも口出ししたりするような
古い考えのチームが強くなるわけもなく
進化もないよ。

 

 

鍵谷に関しては、デスパイネに打たれたボール以外は良い真っ直ぐだったと思います。完全に失投だったと思います。ただ、藤川さんの解説の様に、捕手のリードが良くないんじゃないかとも感じる2試合だったなと思います。
ソフトバンクからすれば、なんとか繋げようとする試みが最高の結果になった所は、本当に嬉しい気持ちになりました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる